【ママ友モヤモヤ】「この先どうするの?」とニヤニヤ...不登校の息子が見付けた夢、おかしいですか

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:クロ
性別:女性
年齢:43
プロフィール:上は社会人、下は小学生の5人のママです。子どもたちの成長を見守りながら、悪戦苦闘して頑張っています。

95.jpg

私には子どもが5人います。

上から順番に20歳、19歳の社会人、高校1年生、中学1年生、一番下は小学5年生です。

高校1年生の三男が中学3年生の冬、2022年の初めの頃の出来事です。

三男は、通信制高校への進学を決めていました。

そこでeスポーツコースに通い、ゲームはもちろん、ゲームを通して人間関係、英語力、心を鍛える勉強をしています。

三男は中学1年生の途中から、学校に行けない日が多くなりました。

私たちはもちろん、どうやら本人もなぜ学校に行くことができないのか分かっておらず、不安や心配の毎日でした。

体調の優れない日もあり、家で寝ていることが多くなりました。

そんな生活でしたが、学校の友だちと楽しそうに会話をしながら一緒にゲームで遊べる環境が、三男も私たち親も救いだったような気がします。

中学3年生になっても学校に行ける日は数える程度でした。

出席日数も足りず、成績も悪かったので、進路のことを考えると不安な日々でした。

そんな中、eスポーツコースのある通信制の学校と出会い、「この学校に行きたい!」と息子が言ったとき、親として応援する決心をし、息子の再出発を喜びました。

卒業文集に息子は「将来の夢はプロゲーマーになることです」と書き、そのために今、ゲームの練習や英語の勉強を頑張っていると書きました。

期限までに記載して提出しないと卒業文集に載せられないからと先生から言われていたので、きちんと書き上げて提出したのです。

みんなと一緒の文集に息子の文章が載っているだけで、嬉しくてたまりませんでした。

そんなある日、偶然会った三男の同級生のママ友(40代)に笑いながら言われました。

「卒業文集に将来の夢プロゲーマーとか書いてたけど...この先どうするの?」

「え? うん。どうなるか分からないけど、eスポーツの学校に通って、頑張ってみるよー」

若干顔がひきつっていたかもしれませんが、なんとかその場はやり過ごした私。

今ではeスポーツはメジャーな競技で、何億という大金が動く世界ですが、理解のない人はたくさんいます。

特にゲームをしない人にとっては、ゲーム=遊びでしかありません。

ゲームをしてお金を稼ぐ、ゲームをしに学校に行く、そのこと自体が有り得ないのだと思います。

その世界のことを一切知らない、情報としても入ってこないので、仕方のない反応なのかもしれないけれど、三男の夢だけでなく、三男自身をバカにされたようで悔しくなりました。

「自分の子どもがゲームを作る人になりたいと言ってるけど、どうにかしてあきらめさせたい」

そんなことを言うママ友(40代)もいます。

ゲームやそれに関わる人たちを下に見ているママ友たちにモヤモヤするばかりです。

頭にくることもありますが、そんな人たちはいつか見返せればいい...私たち家族は三男の夢を応援していきたいと思います。

人気記事:コロナ自粛で孤独な日々...。そんな私に元気をくれた、配達員さんの「ある行動」《なとみみわ》
人気記事:《漫画》娘が「17歳で出産した孫」を育てている我が家。しかし娘は育児放棄して夜遊びを...?<前編>
人気記事:《漫画》名家に嫁ぎ「どこの出身か存じませんが」と言われ...劣等感まみれの私が妊娠したら...<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

仕方ないと思います。ゲームでお金を稼ぐなんて、昔ならSFの世界でしたから。私はゲーマーですが、それでもここ最近のゲームの進化には驚くことばかりです。物知らずで頭の固い周囲は放って置きましょ。いつの時代も最先端は異端の目で見られるんです。それを越えていけるように、お子さんを見守ってあげればいいと思いますよ。
どうなったら見返したことになるのか分からない。 自分もゲームはやるし関わっている方々は凄いと思いますが、子供がeスポーツで生きていく!ゲームつくる人になる!と言ったら心配します。簡単な世界じゃないから。それっておかしいですか?

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP