弟にタカリ放題な兄一家。しまいには小学生の姪が泣きながら金を借りに来て.../かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。現在は夫婦二人と2ニャンとで暮らしています。私の嫁時代の体験を思い出しながら書いています。」

【前回】「オバチャン、そこにいるやろ!」家族の虐待から逃げていた弟嫁母が密かに外泊していた先は.../かづ

【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

pixta_69485803_S.jpg

上弟の嫁母の一件を、念のため下弟にも知らせようと連絡を入れた。

電話に出たのは下弟の嫁で、私の話に大層驚いたようだった。

加えて、上弟嫁から妊娠の知らせがあったらしく、育児用品を全部譲ってくれないかと言われたそうだった。

下弟の所は上の姪の時に全部新品を買い揃えていて、家も戸建なので片付ける所があり、育児用品は全部とってあるのを上弟も上弟嫁も覚えていたのだ。

下弟夫婦も第2子の事を近々考えていたので貸せないと言ったらしいが、下弟嫁も上弟嫁の妊娠に驚いていた。

余計な事とは思ったが、私がマタニティ服やベビーカーを貸した後すべて捨てられていた事を伝えると、貸さないで良かったと下弟は言った。

とにかく私は一切あっちとは関わらないからと下弟嫁に言ってあったので、数カ月後に上弟嫁から「男の子ができました」と電話があるまで忘れていた。

電話は簡単だった。

「で? だから? 関係ないけど?」 と言って電話は切ってやった。

その後、上弟家族には会ってはいないが、下弟からはチョクチョク愚痴を聞かされた。

「この前兄ちゃんがプールに行こうと言うから待ち合わせて行ったら、金持たずに親子4人で水着だけ持って来てたんや! ウチの娘と兄ちゃんの娘が同級生やから、イトコ同士で遊ばせたるのもイイと思ってるし娘も喜ぶしな...。でもな、入場料も中での飲み食いも全部僕らが出したんやで。嫁が買いに行く時に後ろから兄ちゃんが 『みんなこうて(買って)貰え! 付いて行け!』って言うて、向こうの嫁もみんな付いてきて、全部僕らが払ったんや」

だの

「この前いきなり兄ちゃん家族が『娘が遊びたいって言うたから』って来たけど、それがちょうどウチは出掛ける所で、兄ちゃんも付いて来るって言い出してな。ウチの娘が喜ぶから連れて行ったんやけど、案の定一銭も持ってなかって...。入場料や乗り物代も、食べたり飲んだりも全部こっち持ちや。ウチの子が食べてる横で知らん顔はできんやん」

だの、そんな話ばっかりだった。

その後も延々と上弟は下弟に借金を重ねる。

にも関わらず上弟は金がないのに仕事をサボり、クビになりかけたら解雇料を出せと会社とトラブり、逆に会社から訴えると言われて渋々クビを飲んだが、条件が違うだの仕事が思った以上にキツかっただので「腰痛になったから入院治療するんで労災使う!」と、お前は詐欺師か!と言いたくなる様な恥知らずな事を言ったらしい。

同じ事を何度も何度も...。

私には借金の頼み事ができなくなっていたので、下弟に何度も何度も金を借り、下弟も娘と同じ歳の姪の事を考えると...と言っては金を貸していた。

だから私は言った。

「いくら兄弟でも自分の家族に迷惑かけてまで助けてやる事はない! ましてや向こうはあんたの兄ちゃんや! 兄ちゃんらしい事の一つでもしてやるのが兄ちゃんの務めや! そんなん兄弟の名を借りてのタカリやんか!  百歩譲って兄ちゃんらしい事ができんでも、弟に援助して貰う様な情けない事はせんもんや!! 今にあいつと兄弟の縁切っといて良かったと思う日が絶対に来るから!! あんた1人やないんやで! 嫁も子もおるお父さんなんやから! あのバカとは縁切っとけ!!」

そうこうしている内に、上弟は酒の飲みすぎから通風が悪化し働けなくなった。

家賃を滞納し、強制退去になるから家賃の3カ月分の金を貸してくれと下弟に泣き付いて来たのだが、驚く事にその時は(当時)小4の姪が泣いて頼んで来たという。

下弟は情にほだされて貸してやったらしい。

私はそれを聞いた時、思わず大声が出た。

「それがあいつの手ぇやんか! ホンマに親やったら、そんな事を子どもに言わすかいな!」

子どもを使えば、間違いなく下弟は金を出すと上弟は思っていたのだ。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 基本専業主婦の50代。子育てが終り、夫と2ニャンと暮している結婚38年目です。 一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP