メダカの割には大きいぞ...なんて思ったのも懐かしい。仲良く泳ぐ姿に癒される我が家の水槽事情

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ぴち
性別:男
年齢:51
プロフィール:2匹の女の子の金魚を飼っています。ひょっとすると、金魚にも人みたいな自我があるのかもわかりませんね。

65.jpg

ちょうど1年前。

当時44歳の妻と車で出かけたときのことです。

通りすがりの道の駅に立ち寄ると、14匹のメダカがバケツに入って販売されていました。

メダカを見た妻は購入を決意。

14匹のメダカの入ったバケツを抱えるように大切に持ち、助手席に座ります。

どうしてこの人は出先でこういうものを買うのだろう、と思いながらも、私(当時50歳)は水がこぼれないよう慎重に車を運転して帰宅しました。

14匹のメダカは、白いもの、黒いものがほとんどで、赤いものが2匹だけいました。

水槽のほか、飼育セット一式を揃え、飼い始めて数週間たった頃です。

最初はどのメダカも小さく、その形も分からなかったのですが、少しづつ大きくなり、メダカの形がはっきりしてきました。

そのときに気付いたのですが、赤い2匹だけが形が違うのです。

そして、他のメダカの2倍の大きさに成長していました。

実はこの赤い2匹、金魚でした。

メダカと比べてあまりにも体が大きいので、金魚用に水槽を新たに購入し、メダカと別で飼うことになりました。

この金魚たち、ヒレの形などから、どうやら女の子であることが分かりました。

そして、この2匹は姉妹なのか、いつもぴったりと寄り添っています。

そんなに狭い水槽ではないので離れて広々使えばいいのに、と思うのですが、ご飯を食べるときも、遊ぶときも、水槽の底に沈んで寝ているときも、常に一緒に並んでいます。

試しに、別々の水槽に分けたことがあります。

すると、それぞれがほとんど動きません。

それどころか、大好きなはずのご飯もろくに食べなくなってしまいました。

やっぱり寂しいのかなぁと一緒の水槽に戻した途端、2匹はギュンギュンと水槽を泳ぎ回り、ご飯もバクバク食べました。

そんなとても仲の良い2匹ですが、いつも水槽の手前、私たち夫婦が見えやすいところにいます。

最初はご飯アピールだろうと思っていたのですが、どうやら違うようです。

寝ているときもこちら向きです。

私たちが仕事や外出先から帰ってきたときも、こちら側を向いています。

金魚と言えど女の子。

「きれいな私を見て!」とでも言いたいのかも知れません。

最初はメダカを飼うつもりでいた妻ですが、今ではどちらかというと金魚たちに愛情を向けているようです。

とはいえ、メダカたちをおざなりにしているわけではありません。

1年前に我が家に来たメダカは全て亡くなってしまいましたが、妻が孵化させ、大事に育てた子メダカが大きくなりました。

子メダカから、さらに孫メダカまで生まれ、現在水槽は3個に増えました。

我が家で育つ小さな命。

それを愛でる妻をこれからも見守っていこうと思います。

関連の体験記:もしかして前世は人間!? 苦手なエサでも丁寧に扱う、気遣いが細やかだった我が家のハムスター
関連の体験記:肉球とモフモフで「ああ、安らぐ...」乳がん手術で気持ちが沈んだ私を癒してくれた「猫セラピー」
関連の体験記:野菜の茎や皮だってご馳走! 我が家のかわいいうさぎたちは食品ロス回避の頼もしいパートナー

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP