「ごめん、俺の稼ぎのせいで...」ボロボロの財布をずっと大事に使う妻。娘の誕生日に思わず涙が

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:藤黄
性別:男
年齢:42
プロフィール:妻とは結婚して7年の年月が経過。貧乏だけど笑っている妻に感謝しつつ、自分を鼓舞する日々が続いています。

60.jpg

私(42歳)と妻(36歳)には、7歳の娘がいます。

6年ほど前、娘の2歳の誕生日を間近に控えた2016年のある日、妻が「新しいパジャマ買ってきたよ」と、私と娘の分を袋から取り出しましたが、妻の分がありません。

「君のは?」

「私はお気に入りがあるから」

妻の古びたパジャマがすぐ思い浮かびました。

「あのずっと着てるやつ? 付き合ってる頃から着てるだろ? あの毛玉だらけのスウェット」

「愛着があるの。あと、安心感も」

そう言って妻は笑いました。

そして、娘の誕生日当日。

私たちは3人で近所のスーパーに出かけました。

私の給料は少なく、普段は贅沢なことなど何もしてあげられませんでしたが、娘の誕生日だけは特別でした。

妻は娘の好きな食材を買い込み、私はいつもならあまり買えないお菓子を娘と一緒に選びました。

「今日は誕生日だから好きなもの買っていいよ」

娘に言うと、娘は嬉しそうにお菓子を選び始めます。

その姿を見ていると、かわいいやら情けないやら、いろんな感情が入り混じり、涙がこぼれ落ちそうになりました。

買い物が終わってレジに並んでいると、妻が会計をするためにボロボロの財布を取り出しました。

お金を出そうと財布を開くと中もボロボロで、かすれたプリクラが貼られていました。

「新しい財布買えば?」

会計を終えて袋に詰め替えているとき、私は妻に言いましたが、言ってすぐ後悔しました。

妻がこんなボロボロの財布を使っているのは誰のせいなのか、答えは簡単だったからです。

「えっ? まだ使えるでしょ、これ」

妻は笑って財布を見つめた後、私に向き直りました。

「覚えてないの? これ、あなたが付き合ってるときにくれたものだよ」

私を睨みつけるように言うのです。

正直、私はすっかり忘れていました。

妻が財布を開いて見せてきたかすれたプリクラには、今より随分と若い私と妻が笑っていました。

はっ、と私は思い出しました。

パチンコの景品でなんとなく選んだ財布だったことを。

妻がそんな財布をいまだに大切に使ってくれていたのだと思うと、嬉しいやら情けないやら、また涙がこぼれ落ちそうになりました。

帰宅すると、100均で買った風船などで飾り付け、娘の好きな料理を食べながら誕生日を祝いました。

私が小さなケーキとプレゼントを娘に渡すと、とても喜んでくれました。

妻は娘に「よかったね」と笑いかけ、そして私に「いつもありがとう」と言ってくれたのです。

私は涙をこらえ、妻のボロボロの財布を思い出しながら「ごめんね」という言葉を飲み込みました。

半年後、私は妻の誕生日に新しい財布をプレゼントしました。

そんなに高価なものではありませんでしたが、妻は「ありがとう」と笑い、かすれたプリクラを新しい財布に貼り直しました。

「せっかくブランド物なのに、もったいない」

私は言いましたが、妻は「いいの」と笑いながら、かすれたプリクラの横に3人で笑っている、新しく撮ったプリクラも貼りました。

関連の体験記:「今までいろいろありがとう」と握手した1週間後に永眠。大親友をがんで失った私が胸に抱える後悔
関連の体験記:会話の減った思春期の娘が中学卒業の日にくれた手紙。母として力不足を感じていた中...涙が止まらない
関連の体験記:「僕のイチゴをあげるから元気になって」優しい兄と病弱な弟の愛。優しい子に育ってくれてありがとう...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

稼ぎ悪いのにパチンコ?財布も買えないほどの生活費しか渡してないのに、ブランドの財布をプレゼント?そんな費用どこから?何だかよく分かりません。
パチンコは結婚する前だし、ブランドでも高価なものじゃないと書いてあるのでハイブランドではないんじゃない? 投稿者さん、いい奥さんで、幸せですね。  私だったら文句ばっか言いそう笑笑

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP