「浮気したら一発で分かるけどね」鋭い妻には逆らえないと感じた結婚前の出来事

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:藤黄
性別:男
年齢:42
プロフィール:結婚7年目の会社員。妻が鋭いのか私が鈍いだけなのか...きっと後者なのだろうと思っています。

59.jpg

私(42歳)と妻(36歳)がまだ恋人同士だった頃、2013年の話です。

私は一人暮らしをしていた妻の部屋に泊まり、そこから出社しようとしていました。

「折りたたみ傘持っていったほうがいいよ」

玄関まで見送りに来ていた妻が言うのです。

玄関を開けて外を覗くと、雲一つない晴天。

「こんなに晴れてるのに?」

「私、そういう勘が鋭いから」

そう言って折り畳み傘を差し出しました。

妻の言うとおり折りたたみ傘をカバンに入れて出社すると、帰宅する頃には雨がザアザア降っていました。

「本当に降ったね。助かったよ、ありがとう」

「でしょ? 私、そういう勘が鋭いの」

電話してお礼を言うと、妻は笑っていました。

それから数日後、妻とドライブデートに出かけることに。

「あそこにあるお店、美味しそうな雰囲気あるから行ってみよう」

車を走らせていると不意に妻が言いました。

二人ともこの辺りに来るのは初めてで、妻もその店に行ったことはないはずですが、お腹も空いていたので立ち寄ることにしました。

「美味しかったな! 食べ過ぎちゃったよ」

私はお腹をさすりながら言いました。

「でしょ? 私、そういう勘が鋭いの」

「この間の傘の件といい、やっぱり女の人は男より勘が鋭いのかな?」

「浮気なんかしたら一発で分かるよ」

そう言って妻は凄みのある笑顔を見せました。

さらに数日後、朝から携帯電話が鳴るので画面を見ると、妻からの着信でした。

「もしもし、どうした?」

「...大丈夫?」

いきなり妻が言うのです。

「何が?」

「あんまり無理しないで、今日は早めに仕事終わらせて私の家に来てね」

普段はそんなことを滅多に言わない妻からの言葉に、なんだか嫌な予感がしました。

「それって...、悪い予感がするってこと?」

私は恐る恐る聞いてみました。

「うーん、どっちかっていうと、良い予感」

妻の声は急に明るくなりましたが、それが逆に恐怖を煽りました。

その日の夜、私は妻の言うとおりできるだけ仕事を早く終わらせ、妻の部屋に向かいました。

「何も変なことがなくて良かった...。まあ、勘なんていつも当たらないよな」

なんて思いながら玄関を開けると、「誕生日おめでとう!」と妻がクラッカーを鳴らしました。

数日前から仕事が忙しく、私は自分の誕生日をすっかり忘れていました。

「ありがとう...良い予感って、もしかしてこのこと?」

「そうだよ」

「朝の電話で、大丈夫、って言ってたのはなんだったの?」

「最近忙しいって言ってたし、声が疲れてたし。それだけ」

「勘じゃなくて?」

「勘でも何でもない」

うん? と思い、私は数日前までの記憶をさかのぼりました。

「もしかして、傘持っていけ、って言ったのは...」

「天気予報」

「じゃあ、ドライブで美味しそう、って言ってたあの店は...」

「ネット」

そう言って妻は笑いました。

私は驚きと喜びと、そしてちょっとした安堵感が入り混じった複雑な感情のまま、「そっか」と言うのが精一杯でした。

妻の手料理を食べながらお酒を飲み、プレゼントももらった楽しい夜です。

「勘ですべてが分かるわけじゃないよね」

お酒もいい感じに回ってきて私が笑いながら言うと、妻の笑顔がスッと消えました。

「浮気したら一発で分かるけどね」

私はただ頷いて、ビールを飲み干したのでした。

関連の体験記:「転職しようと思うんだ...」私の決死の想いを即座に否定した妻が、そのあと発した「驚きの言葉」
関連の体験記:ちょっとした世間話のつもりが...妻の「容赦ない問い詰め」で家族の会話が安らげない!
関連の体験記:もうすぐ小学生の娘の夜更かし。「私のせい?」と妻は逆ギレするけど...夜中にうるさいのは誰!?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP