亡くなったおじいさんが見に来ていた!? 知らぬ間に開く中古住宅の手作り下駄箱

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:はおり
性別:女
年齢:58
プロフィール:専業主婦。子どもは3人で皆20代、独立しています。趣味は断捨離、猫と遊ぶこと。

38.jpg

私は58歳の専業主婦です。

20年前に築20年の中古の一戸建てを購入しました。

間取りは4LDKです。

夫の実家から歩いて5分というのも気に入りました。

前に住んでいた人は老夫婦で、奥さんが先に亡くなり、しばらくお爺さんが一人で住んでいたのですが、その方も亡くなったそうです。

その後は娘さんが1人でいらしたそうですが、結婚してマンションを購入したので、実家を処分すべく売りに出していたというわけです。

家は比較的綺麗に保たれていましたが、キッチンとお風呂、壁紙だけリフォームしました。

玄関には、頑丈そうな下駄箱があり、このまま使うことになりました。

さて、引っ越して、家具を入れ、片付けをすませ、皆で引っ越しそばを食べていたときのことです。

お茶を運ぼうとしたとき、キッチンから廊下に出て、ふと玄関を見ると下駄箱が数センチ開いているのです。

その下駄箱は引き戸なので、自然に開いたとは考えづらい。

引っ越し作業のときに靴を入れて、きちんと下駄箱の戸を閉めたはずなのに...そのときはバタバタしていて、誰かが開けたのだろうですませました。

それから数日して、掃除機をかけていたときでした。

ふと下駄箱を見ると、また数センチ開いているのです。

朝、夫と子どもたちが会社や学校に出かけていくときは、確かに下駄箱は閉まっていたはず。

少し気味が悪くなりました。

夕食のとき、夫と子どもたちに下駄箱のことを話すと、子どもたちから意外な証言が飛び出しました。

「あの下駄箱、ときどき、開いてることがあるよ」

「えー...もしかして幽霊? 心霊現象かな?」

そういうことを全く信じない夫が「あの下駄箱、古そうだし、ガタがきてるだけじゃないの? 日曜日にでも調べてみるよ」と言ってくれました。

日曜日に夫は丁寧に調べてみましたが、特に問題はありません。

それからも、ときどき数センチ開いていることがありましたが、なるべく気にしないように過ごしていました。

ある日、隣の人とスーパーで会い、いろいろ話をしました。

その人は70代くらいの主婦で、私の家に以前住んでいた人とも仲が良かったとのこと。

私が下駄箱の戸が勝手に開いたりするので、気味が悪いんですと言うと、隣のおばさんが教えてくれました。

「あの下駄箱は、前に住んでたダンナさんが自分で作った物なのよ。日曜大工が得意で、机やちょっとした家具もよく自分で作ってたよ。下駄箱ができたときは、上手くできたって自慢してらしたから覚えてるの」

そんな思い入れのある下駄箱だったとは...。

「新しく家に入ってきた人たちのことが気になって、覗きに来ていたのかしら?」

さっそく家に帰って夫と子どもたちに、おばさんから聞いた話をしました。

「おじいちゃん、見に来てるのかな?」

「不思議な話だな」

夫と子どもたちはそう言って、私もなぜか怖いという感情はありませんでした。

数日して、下駄箱が勝手に開く現象はなくなりました。

今は、お爺さんが私たちを新しい住人だと認めてくれたのかな?と思っています。

関連の体験記:「こんばんは」深夜、誰もいないところで聞こえた女性の声。もしも返事をしていたら...
関連の体験記:家主が10人近く入れ替わっている「イワクつき」物件。不思議な「見える甥」が住むようになって...
関連の体験記:「誰もいてないで」人のいない風呂場から話声や、大広間の謎の影...なぜ行ったのかもわからない温泉宿

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP