認知症の母の診察室に現れて「的外れな自分語り」をする父...白ける空気/ワフウフ

みなさんこんにちは! ワフウフです。

姉・なーにゃんと2人で認知症になった母・あーちゃんの介護をしています。

【前回】認知症の母の預金を狙う父がついに診察室に現れた。でも事情を知る先生の対応は.../ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

母は自宅で父・たんたんと2人で暮らしていたのですが、父が母の介護に全く協力的ではないうえに母の持つお金は取り上げようとするので、姉とワフウフは閉口していました。

娘たちが母から預かった通帳とカードを父に渡さないでいると、自分が手に入れるために母を再発行手続きに連れ回したり、母を警察に連れて行って被害届を出させようとしたりと、父の行動はエスカレートするばかり。

服薬も食事もまともに出来ないまま介護サービスも受けられず、お金を父に取り上げられそうな母を見かねて、姉とワフウフはやむなく母を老人ホームに入れる決心をしました。

そんな中、今度は何を企んでいるのか父が母の認知症の病院へやってきたのです。

しかし、それまでの事情を知っている先生は父に驚くほどの塩対応をしました。

ろくに父の話を聞かずにさっさと診察を終えようとします。

だけど、ワフウフたちとしては父に影でコソコソと動き回られるよりも何が目的で病院へ来たのかを目の前でハッキリと言って欲しい気持ちがありました。

そこで、姉が

Image-2.jpeg

と、助け舟を出しました。

すると父は薄ら笑いを浮かべながら、

Image-3.jpeg

と、馬鹿にしたように言うではありませんか。

母にパーキンソン症状が出て、足の動きがおかしいのが気になったのがきっかけで認知症の病院へ通うようになりました(それまでは糖尿病の病院で薬だけを出してもらっていました)

また、認知症の病院と言って連れて行くと、母のプライドが傷つき抵抗される恐れがあるために認知症の病院のことはずっと「足の病院」と呼んでいました。

先生も看護師さんもそういうことに配慮して常々母に対応してくださっているのに、ぶち壊しです。

ワフウフは思わず

Image.jpeg

と口を挟みました。

すると、

Image-4.jpeg

意気揚々と自分のことを話し出す父。

Image-1.jpeg

白けた空気が診察室に漂いました。

しかし、先生は父のパーキンソン病話にも返事をしないまままた診察を告げ、父もそれ以上何も言わなかったので診察はここで終わりになりました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP