老人ホームの入居を渋っていた母だけど....。信頼できる先生の鶴の一声に驚き!/ワフウフ

みなさんこんにちは! ワフウフです。

姉・なーにゃんと2人で認知症になった母・あーちゃんの介護をしています。

【前回】「あそこに閉じ込められると思うと苦しい...」老人ホームの契約直後、母から涙声で電話が/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

当時は母は父・たんたんと2人で自宅で暮らしていましたが、父の介護への協力が全く得られず、生活が成り立たなくなって来ていたので、介護付き老人ホームへ入居させる事を決めました。

しかし、契約を済ませた後になって母は入居を渋りだしました。

また、母が認知症だと分かってから、父がなんとかして母の財産を自分のものにしようと動き出したため、常に父の動向にも注意を払うことが必要になり、母の介護と父との闘いが姉とワフウフの大きな負担になっていました。

そんな中、母の健康状態に全く関心のないはずの父が母の認知症の病院へ現れました。

どうやら父は、母の財産を手に入れるために認知症の状態を知りたいようです。

病院の待合室に父の姿を見つけた母は、父が自分の心配をして来てくれたと思ったのか嬉しそうな顔をしました。

Image-1.jpeg

日頃から

「金がもったいない! 糖尿病は治らないんだ! 病院へ行く必要はない!」

と言っている父がどうして自分の心配をしているなどと思えるのか...。

なーにゃんとワフウフは一見仲が良さそうに戯れ合う両親を白けた気持ちで見ていました。

Image-2.jpeg

診察の順番が来たとき父はたまたまトイレに行っていたので、母と姉とワフウフの3人で先に診察室へ入りました。

Image-4.jpeg

いつも通りにこやかな先生に母が、

Image-3.jpeg

と言いました。

すると先生は

「それは大変だ!」

とおどけた顔をして母を笑わせ、看護師さんは

「先生にはみんなお話ししてありますから大丈夫ですよ」

と優しく声をかけてくださいました。

Image.jpeg

そして先生に引越し先(老人ホーム)を聞かれたものの、まだ母が抵抗していることを話すと、先生は母に向き直り、

Image-5.jpeg

と説得をしてくださいました。

すると、認知症の先生に全幅の信頼を置いているあーちゃんはあっさりと了承するではないですか!

娘たちの説得にはあんなに抵抗していたのに...。

先生の鶴の一声でした。

そして、そんな中、トイレから出て来た父が看護師さんに案内されて診察室に入って来ました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP