「そこにないはずのお線香」がポトリ...。知人が亡くなった後の新年会で起こった不思議な出来事

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ちーさん
性別:女
年齢:63
プロフィール:会社員。同じく会社員の夫(62歳)と現在は二人暮らしです。

48.jpg

主人と私は結婚してから毎年1月2日に、年始の挨拶に義兄の家に行っています。

35年ほど前のことです。

年始の挨拶は、私たちの他に義兄の友人たちも集まって、みんなで大盛り上がり。

アルコールが入って、飲めや歌えやの大騒ぎで、楽しいひとときを過ごしていました。

義兄の友人の一人、林さん(仮名)はいつも飲みながらギターを弾いてくれます。

ギターも歌もとても上手だったので、それも楽しみでした。

林さんは独身で、一人で自分の飲食店を切り盛りする働き者といった感じの人。

人気温泉地にある店には芸能人が来ることもあり、それが嬉しかったのか、誰々が来てこんな話をした、と林さんは自慢をしていました。

一人で切り盛りするのは大変だったと思いますが、仕事も順調そうで肌もツヤツヤしていたのです。

少し気になったのは、太っていることとお酒の飲み過ぎです。

そうはいってもまだ30代だったので、本人はもちろん、周りにも健康を気にする人はいなかったのでしょう。

その年、義兄から「林さんが亡くなった」と連絡が入ったときはびっくりしました。

病名ははっきり聞かなかったのですが、倒れてからあっという間に亡くなられたそうです。

あまりにもあっけなくて信じられませんでした。

その翌年の1月2日に義兄の所に行くと、驚いた表情の義兄が...何事かと聞くとこんな答えが返ってきました。

「テーブルと座布団を用意してから出かけたんだけど、帰って来たら、いつも林が座ってた席に線香が落ちてたよ」

え!? 私たちも驚いてしまって何と言ったのか覚えていないのですが、義兄たちはお墓参りに行っていないと言っていましたし、家には仏壇もなく、自宅にお線香さえなかったのです。

落ちていたお線香は1センチぐらいの小さなもので、良く分からない出来事に、飲めや歌えやの大騒ぎはできなくて、少ししんみりとしてしまいました。

義兄に林さんの思い出話をしてもらい、きっと林さんも毎年楽しみにしていたのだと改めて感じました。

林さんにとって、義兄はとても大切な友人だったのでしょう。

翌年はそのようなこともなかったので、例年通り義兄たちは大騒ぎしたのですが、林さんはきっと「またやってるな」とどこかで見ていたのかもしれません。

不思議な出来事だったので、今でも1月2日になると思い出すことがあります。

関連の体験記:いつの間にか「不治の病」にされてしまった私。会う人みんなが幽霊でも見るように驚いて...
関連の体験記:「怖がると思って黙ってたけど...」深夜2時半の山道で突然現れた人物。実は来ていた服が...!
関連の体験記:欠勤理由は「幽霊が出た」「盗聴器が100個見つかった」!? 部下全員が唖然とした不思議ちゃん上司

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP