「義両親と同居はもう無理...」とうとう夫に離婚を切り出した私。起こったのは、意外な変化

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:かっちゃん
性別:女
年齢:42
プロフィール:結婚と共に義両親と同居生活をして16年、3児の母です。

21.jpg

我が家は結婚当初から、夫の両親との同居生活でした。

26歳で結婚してから、早16年。

新婚当初はどうやったら理想の妻になれるのか、どうしたら義母のように家事がこなせるようになるのか...自分を押し殺して、嫁ぎ先に染まろう、変わろうとしていました。

一方で、42歳になる今でも私の心の奥底には、「別居したい」という消せない正直な願望があるのです。

早々に「いい妻」になることはあきらめ、なるべく思ったことや、不満は言葉にして溜め込まないようにしようと心がけてきました。

義母との関係性も良い方だと思うし、自分なりにセルフコントロールが上手くなったようにも感じています。

それでも2年に1回くらいは、感情的になって夫に不平不満をぶつけてしまうのです。

先日もそうでした。

夫に対する直接的な不満はなく、多くが義母に対するものです。

それは一緒に生活する限り、尽きることのないようなものに感じてしまうのです。

「本当にずっと同居していくつもり? もしそうだとしたら、見ている未来が違うので、別れよう」

長々話したと思いますが、要するにこんな主旨を伝えたのです。

今すぐというつもりはなく、子どもたちが独立してからという条件つきで。

実際にはここに書いたような整然とした言葉ではなく、話題はあっちに行ったり、こっちに行ったり、お互いに感情をぶつけ合うような時間となってしまいました。

結局、話し合いは合意することなく、お互いに嫌なムードのまま眠りにつきました。

しかし、翌日から夫は今までにやろうともしなかった家事を、かなり積極的に手伝ってくれるようになったのです。

根本的な解決にはなっていませんし、解決策のすり替えともとれます。

でも「熟年離婚を提案したおかげで思いもよらない協力を得ることができたな」と、心の中で少し満足していました。

もちろん、本音は変わらずこの先も「別居」を望むことに変わりはありませんし、この先同じテーマで言い争うこともあるでしょう。

しかし、熟年離婚という未来を提示したおかげで、直近の生活は少し過ごしやすくなったのです。

極端な例ではありましたが「ゴールから考えることで直近の現実に変化が生まれる」というエピソードになったかな、と自己満足している私なのでした。

みなさんは10年後や20年後、遠い未来について考えることありますか? 

やってみると、意外な結果を得られるかもしれません。

関連の体験記:旦那に「死んでくれ」と願う友。でも口先だけで離婚しないのは結局「旦那の金」が目当てだからでしょ?
関連の体験記:勝手に職場放棄をして家で嫌味を言い続ける夫に疲れた...「離婚」をはっきり意識した20年前の事件
関連の体験記:一週間分の食事予定を事前に提出!? とにかく妻を「支配したい」亭主関白な友人の夫

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

26年間我慢して同居してきました。でも、ここに来て旦那が単身赴任することになり、それを機に私は実家で生活することにしました。子供3人は東京の方に出ています。姑は「私は自分の舅、姑を最後までみて、あなたの子供3人も面倒みてきた。あなたのすることは当たり前ではない」と言います。私のすることはいけないことですか?
未来のことはよく考えますよ。実両親とも、義両親とも同居しません。せずともよいように、各種サービスなど色々調べてます。更に先は、子供夫婦とも同居せずに済むよう手を打ちます。そして子供にも、私達とも配偶者の親とも同居はしないようにと教えます。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP