カタカタッ...無人の店内にいた「何か」の正体/今宵もリアルホラーで乾杯「祓っちゃだめ!」(4)

とあるディープな街にある「スナック えむ」店主、霊感ゼロのアラフォー作家、えむ。「お礼に一杯奢るから」を謳い文句に、ホラートークをしてくれるお客を待つ。今宵は、数件隣の店の若手ママ、恵子ちゃんの話「祓っちゃだめ!」

【前回の記事】誰もいないはずなのに...! 背後から奇妙な「音」が/今宵もリアルホラーで乾杯「祓っちゃだめ!」(3)
※実際に身の周りで起きた実体験エピソードに基づき構成しています。

pixta_73046764_S.jpg

※ ※ 

【近所のバーの若手ママ・恵子ちゃん(32歳)の話】

その日は、店内で事務作業をしていたんです。

そろそろ開店しようかなと深夜に片づけを始めた時のこと...。

カタ...カタカタ...カタカタ......

なにか硬いものが動いているような...、壊れたおもちゃが笑っているような音が、いつも違和感を感じていた「あの場所」からするんです。

「やっぱりあそこ、何かいるんだ...!」

私は恐怖で動けなくなりました。

カタカタ、カタカタカタッッ...!

その音は、私に存在をアピールをするかのように激しくなっていきました。

勇気を出して、その場所に視線を移そうとしたその時...。

お客さまが一気にご来店されて、急に賑やかになったんです。

その瞬間、その「何か」の気配は消えてしまいました。

その後は、いつものように忙しい時間が続いたので、その勢いでやり過ごしてしまいました。

けど私、気付いてしまったんです。

お客さまがいる時も、その場所から時折「カタカタ...」って、奇妙な音がしていることに。

賑わっている声で今まで気付かなかったけど、ずっと「何か」が笑ってるんです。

怖くなった私はネットでおはらいの方法を調べ、見よう見まねでその場所をはらうことにしました。

おはらいをした後、その場所は嘘のように寒くなくなり、「カタカタ」という音もなくなりました。

私は心底ホッとしたのですが...。

なぜか、その日から店は、閑古鳥が鳴くようになりました。

そんなある夜、久しぶりに来たお客さんに「あれ? 座敷童はどうしたの?」と言われました。

その人が言うには、「あの場所にいたのは幸せを呼ぶ座敷童だったんだよ」ということでした。

座敷童は賑やかなところが大好きだから、お客さまをたくさん呼んでくれたんだそう。

「中途半端におはらいなんてするから、怒って出て行っちゃったんだよ」

※ ※ ※

「はらっちゃいけないってこともあるんですね」

恵子ちゃんはそう言ってため息をついたあと、手にしたグラスを空にしました。

「それはもったいないことをしたねぇ」

「はぁ~、私ってかわいそうでしょ。こんなかわいそうな私に、今日は一杯とは言わずたくさん飲ませてくださいよぉ...」

「...ダメ」

「なんでですかぁ~!」

「自分の店を座敷童任せでどうするのよ。飲んだくれてないで、自分の力で稼ぎなさい!」

ま、うちの店もたいがい閑古鳥が鳴いてるんだけど。

今回はホラートークというより、「ちょっと残念な話」...だったかな。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

著者:えむ
スナックを経営。独自にリサーチした都内のオススメ酒場は多数。夢はおんな酒場放浪記に出演すること。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP