いつもありがとう、でも正直ウザいときもあるんです...実家の向かいに住む「お節介親切なおばあさん」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ゆらら
性別:女
年齢:53
プロフィール:実家の向かいに暮らす79歳のおばあさん。親切で世話好きな印象ですが時々お節介に思えてしまい困っています。

87.jpg

実家の向かいのおばあさん(79歳)は、実家に帰った私を見掛けると必ず声を掛けてくれます。

思い起こせば小学生の頃からいつも声を掛けてくれていました。

「昭和のおばさん」という感じな人で、私が遊んでいて遅くに帰って来たときなどは「こんなに暗くなるまで遊んでいたらお母さんが心配するでしょ!」と叱られたこともありました。

その頃はお菓子を焼いて持って来てくれたり、いただき物を分けてくれたり。

働いていた私の母を気遣い、晩ご飯のおかずを多めに作って持って来てくれたことも度々あって、母はとてもありがたいと言っていましたし、私もちょっと怖いときもあるけれど、良い人と思っていました。

最近は野菜を作っているようで、採れたものをわざわざ土を落として綺麗にして持って来てくれたりします。

そんなおばあさんですが、ときどき困ることがあります。

2021年の秋、肺がんの手術で母が入院中だったとき台風が来ました。

駐車場に車を停めるといつものようにお婆さんが出て来て「昨日の台風で玄関先に枯れ葉が溜まってるよ。掃除しないと」と言って来ました。

玄関先と言っても道路に面しているので、どこまで掃除をしたら良いのか分からずウロウロしている私に、おばあさんがまた声をかけてきます。

「道路に散らかってる枯れ葉も集めておいた方が良いよ。通る人の邪魔になるから」

私は母がいつも綺麗にしているのだろうと思い、言われるがままに玄関先と前の道路の枯れ葉を集めて袋に入れて、翌日の朝に捨てました。

入院中の母から電話がありその事を話すと「あれはあの人が気にして言ってるだけ。私はやってないよ。どうせまた風が吹いたら飛んでいくだけだし」と笑っていました。

どうやら母は以前からいろいろと指導を受けていたとのこと。

でもご近所さんみんなが同じようなことを言われるらしく、ほとんどスルーしているようなのです。

私が小学2年生の頃に引っ越して来て以来、いつも声を掛けてくれて、お世話になって来たおばあさん。

私が結婚して出産のために実家にいたときも「もっと食べて栄養を付けなさい」と言って毎日のようにおかずを持って来てくれました。

一番思い出に残っているのは出産のときのこと。

陣痛が始まり病院で痛みに耐えているところに、大きな風呂敷包みを手にした母が入って来ました。

私の入院を知ったお婆さんが「こういうときこそしっかり食べておかないと」と言って、慌ててお弁当を作り、母に持たせてくれたとのことでした。

さすがに今は食べられないなと思いながらも、そこまで私のことを心配してくれたおばあさんのことがとてもありがたくて泣きそうになったのを覚えています。

本当に本当に悪い人ではないのです。

でも、やはり母の留守中に何度もおばあさんから指導がありました。

夕方には早く洗濯物を入れた方が良いとか、晴れの日が続いているから庭に水をまいてやらないととか。

ときにはシーツはもっと伸ばして干さないとシワになるとか、車が汚れているからそろそろ洗車をしないのかとか。

段々と見張られているような気分になってしまい、おばあさんを避けるようになり始めました。

出先から戻ったらできるだけ静かに家に入るとか、毎朝おばあさんが近所の友だちとお茶に出掛けたときに洗濯物を干すとか気を付けました。

ちょっとしんどくて困ったなと思っていた頃、ようやく母が退院して来てくれたのです。

お蔭でおばあさんの相手は母にバトンタッチ。

母は慣れているのでササっと聞き流したり「うちはこうだから」とハッキリ言えるのでおばあさんもそれほどしつこく言って来ません。

悪い人ではないのにお節介だけはちょっと困りました。

今でも実家を訪れ車を停めるとき、玄関から出て来ないかとちょっと身構えてしまいます。

関連の体験記:【漫画】今日も誰かが晒しものに...ゴミの分別間違いを写真で指摘する「分別魔人」<前編>
関連の体験記:「あのうちのお母さまは亡くなった」って死んでませんけど! 憶測を得意げに言いふらす隣人がウザい
関連の体験記:50歳になっても「永遠の若手」。同じマンションの人たちが年老いて不満が止まらない...!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

夕方には早く洗濯物を〜とか、晴れの日が続いているから庭に水を〜とか、シーツとか洗車とか当たり前のことすぎるからイチイチ言わないで、と思うのですよねきっと。お忙しいのでしょうが普通にしていれば言われずに済むと思います。
30歳引きこもりで何もできない無職のお嬢さんとお母様と3人暮らしの方とは別の方? 確かにお節介がすぎますね。お話がしたいだけかもしれませんが言われる方はたまらない。ただ洗濯物を早くしまうとか庭の水撒きとかシーツのシワとか当然のこと普通のことを仰っているようなので やれば済むことですし返事もそこそこで良いのでは。
普通にしていれば言われない、なんて意見が出ていますが、普通なんて人それぞれ。他所のうちの家事などに口出すことこそ「普通じゃない」と思う人も多いはず。支配欲の強いおばあさんだな、と思います。
小さな親切、大きな迷惑って言葉を知らないんでしょうかね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP