家族みんなで家事を分担!でも最近洗剤の減りが早いのはやっぱり似たもの父娘だから...?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:47
プロフィール:寒くなってきたので、体が温まる美味しいレシピを開拓中。鍋料理のバリエーションを増やすのがこの冬の目標です。

8.jpg

私は47歳、一つ年下の夫と、10代の娘の3人家族です。

我が家は共働きで、夫婦ともにフルタイム勤務をしています。

家事はそれぞれが得意な分野を主にするということで、分担しています。

最近は娘が成長してきて、夫と私とともに家事を一部分担してくれるようになり、助かっています。

私は自分なりのこだわりを持っている種類の家事に関しては、他の人がすると仕上がりや、やり方が気に入らない可能性があります。

そのため、それぞれが担当する家事を決めるときには、得意だから好きだからだけではなく、総合的に判断して決定。

もちろん、負担が大きすぎるなどの問題があれば、途中で変更もありというルールです。

現在は、食事づくりと洗濯に関する部分は主に私が担当しています。

私自身は料理をするのが大好き。

また、洗濯もきれいに干せたり、たためたりすると達成感を得られるので、比較的好きな家事の一つです。

洗濯に関しては、洗って干してたたむという一連の工程があるので、わりと時間を取られますよね。

本来はすべての工程を自分で対応しているのですが、近頃は私の仕事が忙しかったこともあり、夫と娘に一部任せることもありました。

こういうとき、家族が家事に協力的なのはありがたいと感じます。

ですがそんな中、最近、自宅の洗濯洗剤がなくなるスピードがとても早いことに気付きました。

そういえば、キッチン用の食器洗い洗剤も早くなくなるような気もします。

私が使っている量には変わりないので、犯人は夫か娘のはず。

家事のやり方にダメ出しをすると、相手がその後やりたがらない可能性が出てくるので、基本的には直接やり方について意見をすることはありません。

そこで、夫と娘が家事をしてくれている様子をこっそりと観察してみました。

すると、なんと夫と娘のふたりとも、使う洗剤の量が多いことが判明しました。

使用量を確認せず、計量カップも使わないでドボドボと大量に使っていたのです。

道理で、開けたばかりのはずの洗剤がもう残り少ないはずです。

夫と娘は、言動がよく似た父娘です。

私が産んだ子でありながら、98%くらいは夫のDNAで構成されているのではないかと思うこともよくあります。

また、同じようなシーンで全く同じ発言をするなど、言動の一致具合に思わず笑ってしまうこともしばしばです。

食事の好みなどが父娘で同じな点など助かることも多いのですが、まさか計量しないで洗剤を使うことろまで似ているとはびっくりでした。

さすがにこの点は2人に注意して、今後は使用量を減らしてもらいたいと思っています。

関連の体験記:家事のイライラがある宣言で解消! コロナがきっかけで生まれた我が家の「新」家事ルール
関連の体験記:夫が担当している家事は「皿洗い」だけ。たった一枚...毎朝「洗い残しのお皿」を睨み怒りに震える私
関連の体験記:実の娘だと思って厳しく料理を教えてくれたんだね...親戚が教えてくれた義母の料理指導の真意

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

環境破壊をする親子を平気で放置する主婦。怖いです。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP