この人って私にしか見えてない...!? 白昼のレストランで遭遇したボロボロの女性と恐怖の金縛り体験

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:濃姫
性別:女
年齢:44
プロフィール:夫、娘、息子の4人家族。夫の実家が営む中華レストランを手伝いながら、義父母と半同居しています。

14.jpg

私は若い頃から妙なものが見えたり妙な音が聞こえたりと、不思議な経験をしてきました。

そんな私は、現在夫(47歳)の実家が営む中華レストランを手伝っています。

お店は朝10時から14時までがランチタイム、夜は17時から21時まで営業していて、私はランチタイムのみ働いています。

1カ月前、ランチタイムがそろそろ終わるなぁと思っていた頃です。

若い女性客がお店の入り口から入ってきたのが見えました。

お昼時のピークは終わっていて、店内にお客さんは2人しかいません。

「いらっしゃいませ! 空いているお好きなお席にどうぞ~」

声をかけ、お水持って行こうと用意していると、一緒に接客をしているパートさん(41歳)が不思議そうな顔をして私を見ています。

「何?」と問いかけると、パートさんは「あの...誰も来ていませんけど」と言うではありませんか。

そんなはずはないと思い店内を見回すと、お客さんたちも不思議そうに私を見ています。

そのときは「見間違いしちゃった」と笑って誤魔化しましたが、心の中では「また霊を見ちゃったのかな」と思っていました。

そして翌日の同じ時間、コロナ対策で開けっ放しにしてあるお店の入り口から、昨日見た女性が入ってくるのが見えたのです。

しかし、その女性は私にしか見えず、一緒に働いている義父(72歳)、義兄(47歳)、パートさんには見えないようだったので黙っていることにしました。

その女性が、お店の入り口から入ってくるようになった5日目の夜中のことです。

寝ていた私が息苦しくて目を覚ますと、身体が硬直して動くことができませんでした。

私は疲れると時々金縛りになるため、解き方を心得ています。

金縛りになったときは、ゆっくりと深呼吸をしながら静かにしていると、いつの間にか身体が自由になるのです。

そのときも瞼を閉じてゆっくりと深呼吸をしていました。

しかし、この夜はいつもと違って、かすかに踏切と電車の音が聞こえてきたのです。

そのうち、電車がどんどん近づいてくる音と踏切の「カンカンカン」という音がどんどん大きくなり、踏切の遮断機と近づいてくる電車がはっきりと目に浮かび、夢なのか現実なのか分からなくなりパニック状態になりました。

「轢かれる!」

起き上がろうとした瞬間、金縛りは解けましたが、恐怖で全身汗だくでした。

翌日、たまたま先祖のお墓参りのためにお寺に行くと、ご住職から「最近何か変なことはないですか?」と声をかけられました。

そこで、この5日間の女性客、昨晩の金縛りの話をすると、ご住職は頷きました。

「あなたに若い女性の霊がついているのが見えたので、お声をかけたのです。きっと、その女性は踏切で命を失くしたのでしょうね。この数珠を肌身離さずお持ちになっていた方がいいでしょう」

住職はそう言って私に数珠をくれました。

不思議なことに、その数珠を持つようにしてから、女性の霊は二度と私の前に現れませんでした。

関連の体験記:65歳の出入り業者が部屋に侵入してきて「愛してるよ」...逃げ場のないペンションでの恐怖体験
関連の体験記:窓の外に青白い顔の少年が...!? 友人がガタガタ震え、同じ道を何度もループした恐怖の霊体験
関連の体験記:孤独だった一人暮らし。ちょっとした心の隙に忍び寄ってきたのは...? かつての恐怖体験

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP