歯槽膿漏で歯が抜けた...「生涯自前の歯」の秘訣は歯間ブラシで手間を惜しまず歯磨きすること!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みけ
性別:女
年齢:52
プロフィール:両親と同じ敷地内に住んでいる52歳自営業。

10.jpg

2年前のことです。

急に前歯が痛み出しました。

取りあえず鎮痛剤を飲んで様子を見てみたものの、痛みは増すばかり。

仕方なく行きつけの歯医者さんに行くと、何と、歯槽膿漏で歯が溶けてしまっており、歯を残す方法がないので抜くしかないと言われました。

歯槽膿漏があるのは知っていましたが、まさか歯が抜けるほどに重症だったとは...。

幸い、部分入れ歯ではなくブリッジで治療してもらえたのですが、ちょっと衝撃的な出来事でした。

しかも、治療の際に検査してもらったところ、他にも歯槽膿漏が進んでいる歯が何本もあることが分かったのです。

もちろん、放っておけば同じことが起こるだろうという先生の言葉にゾッとしました。

それなりに歯磨きはしてきたつもりでいましたが、先生の懇切丁寧な説明によれば、歯並びが悪い私は「それなり」ではダメだそうです。

そこで勧められたのが「歯間ブラシ」。

存在は知っていても使う気持ちはさらさらなかったアイテムで知識ゼロでしたが、材質も太さもいろいろあると知り、驚きでした。

まずは1本頂いて帰りました。

実際、気が向いたときに使ってみると、ちゃんと効果が!

歯槽膿漏の程度がほんの少しですが改善されたのです。

簡単に効果が出てホッとしたせいもあってか、その後は思い出したタイミングでしか歯間ブラシを使いませんでした。

しかし、現実は甘くなく、一進一退を繰り返した挙句、今年に入ると以前に近い状態にまで後退してしまいました。

すると先生から「ん~。歯茎を切開して膿を出すしかないかなぁ」と、恐ろしい言葉が。

先生曰く「外科手術」とのことで、メスで歯茎を切り開くそうです。

これはたまらん! 一気に目が覚めました。

今度こそ、きちんとやろうと改心です。

先生にお願いして、私の歯並びに合わせたブラッシング方法を教えてもらいました。

帰りには早速ドラックストアに行き、歯間ブラシを隙間に合わせて3サイズを購入。

サイズ選びは、私の場合は先生に診てもらいメモをしていったのですんなりでした。

グリップの色でブラシの太さが分かるので、使うときに迷うこともありません。

歯磨き粉も歯槽膿漏に特化している商品に変え、仕上げの洗口液も追加です。

そうして、その日の夜から始まった新しい「歯ブラシ」習慣。

最初に歯間ブラシで表側と裏側の両方から使って汚れを取ります。

汚い話ですが、この日、よほど汚れが溜まっていたのか、口臭の元かと思われる嫌な臭いがしたのを覚えています。

歯間ブラシが終わったらブラッシングです。

私は前歯が何本か斜めに生えてしまっているので、縦にブラシを使い歯の重なっている部分も磨き残しがないように気を付けます。

さらに、最近、治療途中で深い穴が開いた状態になっている箇所には、ピンポイントで磨ける先が鉛筆のように細いブラシを使い始めました。

ブラッシングが終わったら洗口液でグチグチやって終了です。

習慣が変わって2カ月が過ぎた頃、先生が驚いてくれるくらい歯槽膿漏が改善されました。

私が歯磨きをがんばっている旨を話すと、先生はとてもうれしそうな顔をしてくれました。

自分のためにもこれからも続けて行こうと思っています。

関連の体験記:ピラティスを続けて半年。50代の体に必要なのは痩せることよりも.../中道あん
関連の体験記:子どもたちとの遊びで痛感した体力や記憶力の衰え...よし、健康なアラフォーを目指そう!
関連の体験記:介護するにもまずは自分が元気でないと! 後回しになりがちな介護者自身の健康管理/山田あしゅら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

遅すぎますよね。溶けたものは元には戻らないし、相当臭っているはず。周囲の方も逆に気を遣って何もおっしゃらなかったのでしょうか?マスクをする時間も増えたでしょうにそれで何とも思わないなんて鼻も問題があるのでは? 後退してしまった歯茎はいくらか戻るそうなので頑張ってください。
衰えてきた歯にシステまのハグキプラスを磨いた後におすすめです

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP