天国のぺーやんが戻ってきた!? 猫にまつわる不思議な出来事/フニャコ

2匹の黒猫(スミちゃん♀10歳、アヤちゃん♂2歳)と暮らす猫好きフニャコです。

【前回】猫のしっぽについて語りたい! 興奮してモサッと膨らむ姿も愛おしい!/フニャコ

【最初から読む】日々、猫と人間の知恵比べ!? 2匹の猫の里親になってみて/フニャコ

2年前に、スミちゃんと同い年の甘えん坊だったぺーやんがお空へ旅立ちました。

後悔の残るお別れだったため、時々その当時のことを思い出すのですが年月が経つことにより、その頃を客観的に見て「ああだったのかな、こうだったのかも」と、気づくことがあります。

少し不思議な話なので自分自身その当時は"気のせい"だと思うことにしていましたが、今、思い返してみると確信に近い感覚があるので記録しておこうと思います。

外で暮らす猫たちが集まり、何をするでもなくじっと佇んでいる『猫の集会』というものがあるそうです。

何かしらのコミュニケーションをとっているようですが、無言です。

フニャコ不思議1.PNG

そういえば猫は人間には鳴いてアピールしますが、猫同士では鳴いて会話をしているのは見たことがありません。

人間は言葉で会話をするので、人間に合わせて鳴くのかもしれませんが、猫同士では別のコミュニケーション方法があるのかもしれません。

人間が気付いてないだけで何らかのやりとりがあるのだと思います。

ぺーやんが亡くなる1週間ほど前に、スミちゃんが普段しない行動をしたのでとても印象に残っています。

5月の後半、冬から置いていた毛布のような手触りのクッションが定位置になっていたぺーやんが身を投げ出すようにして横になっていました。

ぺーやんが使っていたので置いてありましたが、真夏のように暑い日もあり、スミちゃんは普段ここには来ませんでした。

でも、この日スミちゃんはぺーやんの隣にやってきました。

フニャコ不思議2.PNG

フニャコ不思議3.PNG

フニャコ不思議4.PNG

普段なら絶対来ないであろう場所。

スミちゃんはぺーやんと一緒に寝ることがありましたが、それは暖をとるために真冬だけのことです。

しかも良いポジションで寝るために、小競り合いをしながらようやく落ち着く...と言った感じで、ひとりでいるのが好きなスミちゃんは真冬以外は積極的にぺーやんの側へ来る子ではありませんでした。

ぺーやんの側へ体を沿わせ、顔を見ていました。

ただそれだけの行動なのですが、長い時間そうしていました。

後にも先にも、このような行動はこの時だけです。

今思うと、別れの挨拶をしていたのではと思わずにいられません。

ぺーやんが亡くなり、「スミちゃんは悲しんでいませんか? 探してませんか?」とご心配いただくことがありました。

でもスミちゃんは全くそういう素振りを見せず、直後から普段と変わらない生活を送っていました。

きっとこの時にお互い別れの挨拶を済ませていて、心の準備が出来ていたのではないかなと思います。

スミちゃんが悲しい様子を見せていたら私たち人間もさらにつらい思いをしていたことでしょう。

また、全く別の話になりますが、お別れしてからしばらくの間、ぺーやんの気配を感じる出来事がいくつかありました。

フニャコ不思議5.PNG

フニャコ不思議6.PNG

フニャコ不思議7.PNG

フニャコ不思議8.PNG

スミちゃんに食事の準備をしようと動き出したら、私の背後の猫の寝床からソファに、そして床に飛び降りる音と、体重がソファに乗った感覚がありました。

その当時は私の気持ちが整理がつかない頃だったので、そういう気持ちから妄想的なものだろうと、気のせいということにしていました。

でも年月が経った今でもその時の音や感覚がそのまま記憶に残っているのです。

もしかすると、本当にぺーやんがごはんを食べに、寝そべっていた場所から食事の場所へやってきたのかもしれません。

私が寝る時に、ベッドにジャンプして登ってくる感覚も1度ありました。

しばらくは普段と同じ生活をしていたのかもしれません。

『ごはん』と知り、急いで駆けつけるぺーやん。

亡くなる前は大好きだったごはんを食べることが出来なくなりつらい思いをしていたでしょう。

でも苦しみから解放され、元気だった頃と同じ生活をしているのかなと思うと少し安心しました。

もしかすると、すべて寂しさから来る私の妄想かもしれません。

それでも、これらのことは「たぶんそうだったんだ」と信じたいです。

フニャコ不思議9.PNG

今は元気でみんなのことを見守っていてくれて、時々遊びに来てくれていると嬉しいです。

大好きなおやつを用意して待っています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

動物飼いあるあるだと思います。 言葉が通じなくても家族。 気持ちが通じてる!ハズ。 我が家は首輪に鈴がついてたモモちゃんが みんなを迎えに来てくれるので 安心しています。 と言うと ドン引きされることもありますが 気にしません(笑) 1番小さくて長生きしたモモちゃんは 私の時にも来てくれると 信じています。
私も時々、昨年天国に行ってしまった子たちの気配や視線を感じる時があります。でも、いちばん(順番をつけてはいけないのですが)は、8年前に絆の強かった子が虹の橋を渡った後、いつも側にいて守ってくれていたような気がします。今は、その気配が薄れてきましたが、その代わりに生まれ変わってきてくれたのかなって勝手に思っています。
なんでしょう…父や母が亡くなった事を思い出してもここまで泣ける事はないのに。フニャコさんやスミちゃんの思い、ぺーやんの言いたかったこと、そしてやがて我が家にも来るだろう別れの時を思うと…。 でも、ほんとうにぺーやんはそこに居る気がします。私も愛猫が戻って来たい所になれるよう、沢山愛していきたいと思います。素敵なお話しありがとう
猫が鳴くのは人間だけにといいますね。 ぺーやんとスミちゃんは、きっとお話ししていたんですね。 私もうちのこを亡くして2週間くらい、お水や爪研ぎのところに黒い影を感じてました。 ぺーやんも絶対いたと思いますよ☺️
いつも拝見させて頂いております、私的な意見ですが、不意なときに近くに感じる時は居てくれるのだと思います
涙が出てきました。私にもありました。可愛くて癒しをくれていた子達のことはいつまで経っても忘れることはないですね。初めてコメントしましたがフニャコさんのブログが毎日楽しみです。早朝、フニャコさんのブログを見てクスッと笑って、その日の1日が始まります。
うんうん(๑>◡<๑) とても貴重な体験ですよね!羨ましいです 思い過ごしでも 実体験でも 感じ取ることができるって本当に素敵です またぺーやんのお話し待ってます
フニャコ様 はじめまして 毎日の配信ありがとうございます! 同感したり笑ったり、じんわりしたり。。。とても楽しみにしています。 絵も大好きです❤️ ペーやんのことは気のせいでも妄想でもなく、本当にそこにいつものペーやんがいたのだと思いますよ
きっとそれはペーやんですね! ペーやん大好きでした。 時々でいいんで、またペーやん描いて下さい。。。
いまだから言えるのですが、ぺーやんが亡くなったときはほんとうに辛かったです。近くにいるわけではないわたしでさえあれほど悲しかったので、フニャコさんやご家族はいかばかりか……。ぺーやん、ほんとうにかわいかったですね。扉絵の、雲のうえでくつろぐぺーやんに癒されています。
ダメだ、泣いてしまう… 動物たちは、なくなってからしばらくの間飼い主さんから普段通りにご飯をもらったり呼んでもらうことで、天国にあがっていくと聞いたことがあります。 後先になりますが、いつも応援しています。
私も同じ経験がありますよー。 私が寝てる時に布団の上を歩いて足元の方から近寄ってくる感覚、隣の部屋でカリカリを食べてる音、そして、亡くなる前にいつも私の枕元左側で寝てたのですが、今でも時々ふわっと何かを感じることがあります。 今でもそこがイザベラ様の場所だと知ってるのか、残されたグレイ様は右側が自分の場所だと思ってるようで、たとえ左側で寝たとしても居心地が悪いのか右側に移動しますよ。 全てのことが気のせいかもしれないし、ほんと妄想かもしれないけど、ずっと愛してるし心の中に居続けます(あっ、思いだして涙が、、、)

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP