「あなたの車壊れてるから乗りたくないわ」美人の同僚を狙って撃沈した車好きの後輩社員

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:52
プロフィール:アラフィフ兼業主婦。最近職場の後輩の恋心をそっと見守っています。

pixta_73317261_S.jpg

私は52歳の兼業主婦です。

今年の春、私の職場に中途採用で30代のAさんが入ってきました。

Aさんは独身で明るく仕事もできるので、すぐ私たちの部署にも馴染んだ様子でしたが、何より容姿端麗で、うちの部署以外でも話題になっていました。

当然、Aさんの彼氏の座を狙う男性社員はたくさん出てきたのですが、同じ部署の後輩のB君(29歳)もその1人でした。

B君は少しチャラチャラしていて頼りないと思うこともあるのですが、仕事には積極的で、取引先の人にも目をかけてもらっているような子です。

容姿は正直言って、10人が10人振り返るというような見た目ではありませんでしたが、ハキハキしゃべり笑顔も良いので、年相応の好青年には見えると思います。

ある雨の日、電車通勤のAさんが傘を忘れたと言っていたところ、すかさずB君が「僕、車なんで送りましょうか?」と声をかけていました。

B君の趣味は車で、通勤に使っている車もいろいろと改造しているようでした。

他の男性社員と話しているのを聞いたところ、「マフラーに8万円かけた」だの「今度10万円のウィングをとりつける」だの「塗装をやり直してもらう」などなど。

自分がいかに車に手をかけているかを自慢していたので、車には相当自信があったのでしょう。

Aさんにもアピールできると思って「送りましょうか?」と自信満々で声をかけたのでしょうが、Aさんからは驚く答えが返ってきていました。

AさんはB君に対して笑いながら「私の家、住宅街にあるの。悪いけどB君の車ってどこか壊れてるみたいでうるさいじゃない? だから遠慮しとくわ」と言ったのです。

驚くB君に、さらにAさんの追い打ちの言葉が突き刺さります。

「それより、やっぱりあの車いつダメになるかわからないような音がしてるから、修理に出したほうがいいと思うよ」

B君は撃沈していました。

確かに、B君の車は吸気系か排気系をいじっているようで、エンジン音が特徴的でうるさいのです。

今までは出退勤時間しかエンジン音を聞くこともないし、「B君は車が好きだから」という理由で部署のみんなも見て見ぬふりをしていました。

しかしB君はAさんに断られたうえに、車の趣味を分かってもらえなかったショックが大きいのか、がっくりとうなだれていました。

面白かったのは、次の週末に車に何かしたのか、B君の車からあの独特のエンジン音がしなくなっていたことです。

B君直属の男性上司(43歳)もそれを見て苦笑していました。

B君にとっては残念な結果になりましたが、うちの職場は恋愛は自由。

今後もB君を見守ろうと思います。

関連の体験記:「お前、何やっとるんじゃ!」深夜ドライブ後に起きた悲劇!? 車の窓の外に見えた相手は...
関連の体験記:「最新機能! もう別物!」とクルマを1年で買い替えようとする妻...自分はずっと中古の軽なんだが...
関連の体験記:気づいてしまった...中学校の給食室で働いていた私が目撃した、栄養士の「ある行為とその顛末」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

息子を見守るような気持ちですね。お仕事はできるし将来が楽しみですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP