「この電話は誰から? いやだわ~怖い!」知らない番号からの電話に怯える義母。毎回、調べるのは私...!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ぴっぴ
性別:女
年齢:43
プロフィール:小学生の子どもが二人いるパート主婦です。

25.jpg

遠方に住む義母(80代。同じく80代の義父と2人暮らし)はいい人なのですが、やや神経質というか心配性な面があります。

そして、何かあると連絡が来るのは息子である夫(44歳)ではなく嫁の私です。

先日、義実家の固定電話が新しくなりました。

ナンバーディスプレイ機能があるもので、義母はさっそく固定電話へ知り合いの電話番号をたくさん登録しました。

そのときも登録方法がわからない義母は、私へ連絡。

私はインターネットで固定電話の説明書を見つけ、それを見ながら義母の携帯へ電話をかけ、口頭でやり方を教えました。

これだけでも大変だったのですが、ナンバー登録は一度すれば終わりです。

登録さえ終わればすぐに電話を掛けたい人にかけられますし、登録している番号からかかってくれば、音声で「〇〇さんからお電話です」と教えてくれます。

義母の生活が便利になるのはうれしいことなので、よかったと思っていたのですが、ナンバーディスプレイ機能が新たな問題を招いたのです。

義母は不在だったときにかかってきた着信履歴で、知らない番号があるととても不安になるようなのです。

そのたびに私に電話をかけてきて、表示された電話番号を読み上げ「誰がかけてきたのかしら?」と聞いてくるのです。

最近の義母からの電話の内容はほとんどがこれ。

その度に私はその電話番号をネットで検索し「これは●●社の営業電話な可能性が高いですね」などと伝えるのですが、そこから質問攻めが始まります。

「なぜ? なぜ営業電話がかかってくるの? なんでうちの電話番号を知っているの?」

「きっとプロバイダがこの系列の会社なので、そこから電話番号が伝わってるんじゃないでしょうか...」

「いやだわ~怖い! なんなのかしら!」

不安そうな義母をなだめるのに、毎回10分弱はかかります。

また、検索してもなんの情報も出てこない電話番号の時は余計に大変です。

根拠なく「△△さんかしら...」と自分が思い浮かんだ人の名前を口にする義母。

「じゃあ△△さんにお電話してみたらどうですか?」

なぜそう思うのか不思議に思いつつも促してみると、少したった後また折り返しの電話がきます。

「△△さんじゃなかったわ」

そうですよね、そうだと思いました...。

「でも誰だったのかしら?」

そう言われてもわかりません...。

義母の性格を考えると時間はかかるかもしれませんが、知らない番号から電話がかかってくることはよくあることだと慣れてもらうのを待つしかないと覚悟しています。

こんな義母を突き放すわけにもいきませんし、今後もしばらく対応するしかないのでしょう。

もし願いが届くのなら、営業電話を掛ける方、留守番電話に所属と要件を残していただけると、私がとても助かります...。

関連の体験記:なぜ⁉ 孫を溺愛し、私とも仲が悪くないのに...一歩たりとも「我が家に上がらない」義母
関連の体験記:「あ~、ダメだ。その服あんたには無理だね」昨夏から同居する義母の「ド直球な物言い」に心が...
関連の体験記:新婚夫婦の部屋をノックもせずに「ガチャ!」。息子(夫)に執着して私を目の敵にする「恐怖の義母」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

留守電にメッセージも残さない番号は気にしなくていいと言えばいいのでは。営業電話なんてどこからでもかかってくるし、電話番号なんて昔から流出してますよね(問題ですが)。 どうにもならないことをいつまでも相手してあげることはないと思います。お義母さんの電話を拒否したくなる前にやめた方が良さそう。
利用するために結婚したってクズだな
知らない番号は 知らない人からで 登録されてない知り合いの方なら また電話されるでしょうから もう調べるのはやめた方がいいですよ 調べてくれるから 気になり 頼っていらっしゃるのだと思います お義母さんに そうお伝え下さい

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP