「おまえが悪い」気に食わないと物を破壊する夫。包丁で傷つけられた家具に呆然/chii

熟年別居をしてから7年目のchiiと言います。ここまでくるまでには本当にいろいろあり、自分でも波乱万丈の人生をおくってきたなと思います。

前回の記事:私、とんでもない人と結婚してしまったかも...夫が別の顔を見せた両家顔合わせ/chii

pixta_75558807_S.jpg

両家の顔合わせも無事終了し、新しい土地で新婚生活がスタートしました。

楽しいはずの新婚生活なのに、小さなことから口論がたえなくなっていきました。

たとえば冷蔵庫に卵をパックのまま入れておくと、「横着しやがって卵はひとつずつ、この卵置きに入れるんだよ」と言いながら、卵を私に投げつけてきたこともあります。

横着ではなくて、卵はパックに入れておいた方が殻についた雑菌が他の食品につかないですむからだと私は考えていたのです、それを説明しても無駄でした。

コーヒーが大好きな夫は、砂糖を大盛りで二杯もいれて甘いコーヒーを飲んでいました。

虫歯になって歯が痛くなった時に、夫は買ってきたばかりのインスタントコーヒーをドボドボと台所の流しに捨てていました。

「おまえがコーヒーなんか買ってくるから悪いんだ!」と怒鳴りながらです。

その時、私は初めて夫が怖いと思いました。

そのうち、私が口ごたえをすると暴力をふるうようになったのです。

足とか腕はいつも青あざができていたけれど、それも夫はおまえはあざができやすいタイプなんだと言って反省なんかまったくしませんでした。

口ごたえをすると鉄拳が飛んでくると悟った私は、もう夫に何を言われても言い返すことはやめようと決めたのでした。

夫を怒らせる地雷さえふまなければ大丈夫だと、その時は思っていました。

そんな時期に、妊娠していることがわかったのです。

ハネムーンべービーでした。

当時私は31歳、夫は38歳で、赤ちゃんができたと知った時は二人で喜びました。

私の心の中では、子どもができれば夫は変わるかもしれないという淡い期待もありました。

つわりもひどく昼間はゴロゴロとしていましたが、夫が帰ってくるころにはシャンとして家事にいそしむふりをしていました。

その頃から私は夫を怒らせない行動を自然に身に着けていたのです。

それでも事件はおきました。

私は妊娠中に、東京の友人の結婚式に出席したのですが、その時も信じられないようなことがあったのです。

けっこうお腹が大きくなっていたので、帰りは夫が車で迎えにきてくれることになっていました。

約束通りに駅まで迎えにきてくれた夫、車に乗り込むと夫の険しい表情に気が付きました。

機嫌が悪い、何かあったのだと私は気が付いたので、話しかけるのをやめて地雷をふまないように黙っていたのです。

アパートの部屋に帰るとそこにはびっくりする光景が飛び込んできました。

台所にあるダイニングテーブルがギザギザに切りつけられていて、近くにはガタガタになった包丁がありました。

他にも、数本の菜箸がボキボキにおられていたのです。

「なんでこんなことを?」思わず口にした私。

「おまえが東京に行くから悪いんだ、洗濯機が壊れていてむかついんたんだよ」という答えが帰ってきました。

むかついたら物を壊す、それは私が初めて知った夫の別の顔でした。

後にわかったことですが、洗濯機は壊れていたのではなくて全自動洗濯機の使い方がわからなかっただけでした。

ギザギザに傷ついたダイニングテーブルには、白いテーブルクロスをひいて傷をかくし、菜箸も新しいものを購入しました。

とにかく生まれてくる赤ちゃんのために私は頑張ろうと決めたのです。

結婚した翌年に、病院に一人で入院し、狭い陣痛室で16時間苦しんだ上に帝王切開で娘を産みました。

親戚付き合いを嫌がった夫は里帰り出産を反対したのです。

私ははじめての妊娠で不安もあり、反対を押し切り実家へ帰りました。

それが面白くなかった夫は娘が産まれたと連絡しても、一週間会いに来なかったのです。

険しい顔で会いに来たと思ったら、そこである衝撃的な言葉を言い放った夫。

私は病院のベッドで泣いて過ごしました。

これからどうなるんだろうという不安にも襲われていました。

【まとめ読み】熟年別居中!波乱万丈chiiさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

chii

​モラハラ夫の家を飛び出して、大学生の息子と2人暮らしをしているchiiと申します。離婚は選択せずに熟年別居中。某スーパーでサービスカウンターの仕事をしています。パートなので生活は楽ではありませんが、結婚生活が地獄だったからこそ、今の一人の時間が幸せに感じています。別居直後に書きだした「60代小さく暮らす」、お一人様の老後がテーマの「お茶のいっぷく」という二つのブログを書いています。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

私もモラハラ夫と熟年別居中です。4年半前に娘と家を出ました。今は娘も嫁ぎ、1人暮らしです。 chiiさんの2つのブログは、とても勉強になります。
モラハラではなくDV
あの、暴力奮われたら、ドメスティックバイオレンスでは?わが家もモラハラだと思ってたけど、そこまでひどくありませんが、謝られたことも労われたことも、ありがとうと言われたことも一切ありません、食事をつくっても、美味しいとは言わないし、美味しくないの?と聴いたら黙って食ってる。って。絶対美味しいとは言わないし、自分が失敗しても全部私のせい。魔だ、暴力奮われないだけましなのかな。ただものが飛んでくることはあるけど。クリーンヒットして流血とか。それでも謝りません?え、それこそドメスティックバイオレンスですかね?
警察に言っても何も変わらないんですかね、、、。全く関係ない者ですが、モラハラ夫の事は一生許しません

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP