「そんな格好で出歩くの?」昔、母に言われた言葉...そのまま20代の娘に言ってしまった自分に苦笑

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くあら
性別:女
年齢:53
プロフィール:マスクなしで出歩きたいけど、化粧をしなくていいのは便利だと思うズボラ50代。

11.jpg

バブルの頃、20歳前後だった私は、アルバイトで稼いだお金のほとんどを衣料品につぎ込んでいました。

肩パッドの入った真っ赤なミニのスーツや、おへその見えるタンクトップ、上から下まで黒ずくめなマントのような奇抜なワンピースなどなど。

ファッション雑誌、あるいはショップ店員(その当時はハウスマヌカンと呼ばれていました)と相談して買いまくっていました。

大学に行く時も毎日違うコーディネートに頭を悩ませ、勉強をしに行っているのか、ファッションショーをしたいから行っているのかわからないくらい。

そんな私を見て母はいつも呆れていました。

「学校へ行くのにそんな格好しないといけないの?」

「遊びに行くの? 大学でしょ? 何しに行くの?」

そんなことを言われていました。

ディスコへ行くために、普段以上に着飾って出かけようとする私にかけた言葉は忘れられません。

「ちょっと待って! そんな格好で電車に乗るの? せめてタクシーで行きなさい!」

後ろから悲鳴のように浴びせられた母のこの言葉。

これを振り切って家を出たことも度々ありました。

昭和ひとけた生まれの母と私では、感覚がまるで違うんだと思った覚えがあります。

現在、娘が20歳を越え、まさにファッションのことしか興味がないような年頃になりました。

ただ、私自身は、30数年前の母よりは自由な考え方を持っていると自負していたので、娘のファッションも見守ることができるだろうと思っていました。

けれど、娘のチョイスする服や「見て見て、めちゃくちゃかわいい!」と見せてくる写真に頭の中が「はてな?」になっている私がいて、苦笑してしまいます。

分厚いニットなのに肩は丸出しなのを見て「寒いのにそんな肩を出さなくても」と思い、「冷え性を悩んでいるくせに、なんで真冬にノースリーブのニットを着るの?」と呆れ...。

そして、髪型に関しても「せっかくのサラサラで綺麗なロングヘアを半分ブルーに染めなくても!」とことごとく反対している始末です。

昔は自分も真冬におへそを出してほっつき歩いていたくせに。

そんなことを繰り返すうちに、いつの時代も今の自分の感覚にそぐわないことは納得できないものなのだな、何でもかんでも価値観を押し付けるのはやめようと思えるようになりました。

私の娘に子どもができてその子が年頃になった時、どんな反応をするのか今から楽しみです。

真っ当な意見で反対しているんだろうな、と。

そのときシレッと「あら、おばあちゃんはすごくかわいいと思うわよ」と言ってやろうと想像しては、ひとりほくそ笑んでいる今日このごろです。

関連の体験記:娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い
関連の体験記:また始まったよ...私の集中力を削ぐ、夫の細かすぎる評論。ドラマでもバラエティでも、お願いだから静かに観せて!
関連の体験記:引き出し開いてますけど? ルーズな夫と娘...自発的に整理整頓させる方法、誰か教えて!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

価値観の押し付けではなく常識非常識の話でしょう。娘世代のファッション等を理解するイコール感覚が若いとかいうワケではないですし。 結局どちらも業界に踊らされているだけですのねぇ。
子育てに奔走するであろう我が子に対して、そんな妄想してほくそ笑んでるの?いやな人ですね。
流行りなんて企業の掌で踊らされているんですよね。楽しいならいいのかもしれません。周りもそういう人が集まるのだろうし好きな服着て好きな格好するだけならそんなに迷惑かけることもないですしね。
とっても楽しいお話しです。 懐かしく思います。 親と子の断絶⁉️(笑) 時代は変わっても、昔から変わらず繰り返している事ですよね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP