「私たちの結婚は成功? それとも失敗?」ドキドキの二択だったけど...夫の答えに幸せをかみしめた日

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:54
年齢:女
プロフィール:ネットの記事がきっかけで夫の思いを聞くことができました。

43.jpg

2021年の春のことです。

ネットニュースをあれこれ読んでいたら、ある記事が目に留まりました。

そこに書かれていたタイトルは「この結婚は失敗だった」というなんともドキッとさせられるもの。

「どんな内容が書かれているのだろう...」

気になった私はさっそく読んでみることにしました。

すると、読み進めるうちにその内容に心拍数が急上昇。

そこには私にとって少々ショッキングな内容が書かれていたのです。

その記事を投稿したのは奥さんのようでした。

そして、そこには、自分たちの結婚は一見すればとてもうまくいっていること、でも自分は結婚生活に満足していないこと。

そして、自分の求めていることは、この先手にはいりそうにないと感じていること、それは自分にとって不幸だと感じている...そうした内容が書かれていました。

最も私の心に引っ掛かったのが、次の一文でした。

「自分は結婚に失敗したと思っている。けど夫はそんなことつゆほども考えていないだろう」

それを読んだ途端、「私たちも同じだったらどうする!」と凄く気になりはじめます。

私はそんなことを考えたことはありませんが、もし夫がこの女性と同じ思いを抱えていたらと思うと、気が気ではありません。

焦る気持ちを抑えるように「冷静になれ私。きっと大丈夫よ!」なんて自分に言い聞かますが、やっぱり気になります。

夫の本音は夫にしか分かりませんから。

「もう気にしないことにする? いやそれはやっぱ無理だ」

自問自答が続いた後、勝手な想像が頭を支配しはじめます。

これは精神衛生上よろしくありません。

モヤモヤする気持ちを解消すべく、夫に直接聞いてみることにしました。

しかし、答えを聞くにも勇気のいる内容ですので、またまた考えすぎてしまいます。

「もう回りくどく考えるのは止めて、ここは直球勝負だ!」

意を決した私は「私たちの結婚は成功? あるいは失敗?」とダイレクトに聞いてみました。

なんの前触れもなくいきなり。

きっとこの段階で私の頭は、あれやこれやと考えすぎたせいで相当バグっていたのでしょう。

すると夫は面食らったような表情になり、「ど、ど、どうした???」と私に逆質問。

そりゃそうです。

いきなりそんな質問をされたら、びっくりするのも無理ありません。

そこで、事の成り行きを説明して、質問した理由を伝えてたところ、夫はようやく事情が理解できた様子でした。

そして笑いながらも真面目に、こう言ってくれました。

「結婚を成功失敗で考えたことはないな~。俺はあなたとずっと一緒に生きていきたいと思ったからあなたと結婚した。あとはその幸せが続くようにお互いに頑張るだけだと思ってて。そして俺はその頃も今も変わらずずっと幸せ。だからあえて成功失敗で答えるなら成功じゃないかな?」

それを聞いてホッとした私は、ニコニコ笑顔が止まりませんでした。

そして夫は「あなたはどうかな?」と再び私に尋ねてきました。

私は「私たちの結婚は成功」と思っていたのですが、夫の答えを聞いた後には、「今のところは成功。これからもずっとそれが続くように頑張ります!」にアップデートしていました。

関連の体験記:「ママと行けば良かったな、ごめん」授業参観に来た亡き父を傷つけた幼い私。今は心から尊敬しています
関連の体験記:目を疑うって、まさにこのこと。教師として真面目一筋で生きてきた78歳の父がパチンコ店に...
関連の体験記:41歳専業主婦の私。年3回の美容院すら「また行くの?」と言う、お金にシビア過ぎる夫が辛いです...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP