積まれた発泡スチロールの箱からクズが...。外回り、お隣さんの分まで私が掃除すべきなの⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:シルキーロール
性別:女
年齢:52
プロフィール:専業主婦、大学生の息子1人。持ち家住み。

pixta_47565132_S.jpg

我が家は20年ほど前に新築で建売を購入しました。

同じブロックには6軒のお宅があり、角地で市道に広く面した我が家はよく外回りの掃除をしています。

そして落ち葉の季節になった今、感じること。

それは「なぜ私だけが隣の家の外回りまで掃除をしないといけないのか」ということです。

落ち葉は自然のものなので、ある程度は仕方ありません。

しかし隣の家の木々の落ち葉、生活ゴミ(生ごみとかではないけれど、風で飛ばされるビニールや紙)なども、下手をすると毎日掃除する羽目になってます。

しかも、使わない発泡スチロールの箱が外に積み重ねて置いてあり、発泡スチロールが削れたクズが飛んでくるのも放ったらかし。

そのくせ、近頃定年退職されたご主人はお時間はあるようで、頻繁に車だけは洗車されているんです(またそれが気に障ります)。

過去にも、お隣の生ごみがカラスに荒らされたことがありました。

回収業者さんから「奥さん、(生ごみの不始末を)お隣に伝えといて」と言われ、渋々お伝えすると「ごめんねえ、うち共働きで朝早くから遅くまでいないから」というのが奥様からのお答えでした。

もうこの答えが私には「謎」でした。

それは「自分の家の都合」であって、ちゃんときまりを守って出せばいいだけのこと。

変な方向からのお答えにイラッとしました。

まあ、そんな感じで、お時間ができたであろう今も、全く家の周りの掃除はされません。

「気になる人がやればよし。私たちは必要なし」という性質の方なのでしょう。

お隣だけ残して掃除すればいいのかもしれないと思ったこともあります。

でも結局は風雨で我が家に来てしまう。

それなら広がって片付けにくくなる前に......なんて思ってしまうのです。

29.jpg

お隣に掃除を強制もできませんし、言ったからといって必ず改善されるとは限りません。

かえって気分を害し、険悪なムードになるのはもっと嫌です。

ああ、ちょっとの我慢ができない私が悪いのか。

善意として快く「掃除くらい」やればいいのか。

毎朝モヤモヤして仕方ありません。

もっと「図太い神経」か「広い心」が欲しいです。

殿堂入り★体験記まとめ:ちょ、ウソでしょう⁉「すんごいママ友」エピソード5選

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

夜中に隣の家の玄関に生ゴミをぶちまけてやりなさい。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP