「今日は黄色を身に着けなさいって言ったはずよ」占い好きのパートの先輩がしんどい...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しおまめ
性別:女
年齢:45
プロフィール:パート主婦です。子どもが大きくなってきたので勤務時間を増やしましたら疲れが取れない日々です。

23.jpg

現在、ショッピングモールの洋服売り場でパートをしています。

平日の昼間など空いている時間帯や、休憩時間がかぶったときなどはパート同士で話をしたりするのですが、最近迷惑なことがあります。

その原因は、私より3年早くパートを始めている、47歳の先輩です。

占いにハマっていて、私のことを占ってしまうのです。

きっかけは香港旅行だったそう。

路地で占いをやっていて、記念にやっていこうとなにげなく占いをしてもらったら、それがドンピシャ! 

そして、占い師に言われた通り家の家具の配置を変えたり、アクセサリーに黄色の物を取り入れたらとても運気が上がって幸せになったということで、自分も占い師になって人々を幸せにしたいと思うようになったそうです。

それから占いの本を買い集め、独学で勉強をしているそうで、私のことを勉強がてら占ってくれます。

「あなたの運勢、来週にかけて下がり気味だから、玄関に赤色の花を飾っておくといいよ」など具体的なアドバイスまでされてしまいます。

困るのは身に着けるものの場合です。

「明日は良くないから絶対黄色を身に着けた方がいい」とアドバイスを受けましたが、気にも留めずに翌日職場であったら「黄色は?」と聞かれました。

「忘れてた」と濁すと「つけなきゃだめだよ」と不服そうに言われてしまいました。

また、体調を崩して一週間ほど寝込んでしまったときは「ちゃんと占いを気にしてないからじゃない?」と、病気を占いを信じないせいにされたこともあります。

先輩は面倒見がよく、パートを始めたばかりのころは仕事を教えてもらっていました。

私がミスをしてしまってもフォローしてくれたり、励ましてくれたりしました。

とても良い人だからこそ「占いで私の運勢や人生を良くしたい」という想いは伝わってきます。

でも、私は占いを信じない方ですし、占いに頼りたくないと思っています。

それに運勢が悪いと言われてしまうと気分も良くありません。

他のパートさんはタダで占いをしてもらって嬉しいようで、「今日の運勢どう?」とか「カーテンを変えようと思うんだけどどんなのがいいかな?」と相談をしている姿も見かけます。

どうやら、不満に思っている人は私ぐらいしかいないようです。

これからも仕事では付き合いがあり、距離を置くことはできません。

仕事中ですし、話さないように距離を置こうとしていますが、置きすぎると人間関係がこじれそうで離れすぎることもできません。

パートで先輩に会うのが苦痛になってしまいます。

関連記事:「なぜ無視するんですか?」いじめをするパートの先輩に休憩所でついに対決!その結果は・・・!?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP