朝から晩まで...。20年ぶりの恋にハマったママ友からの「悩み相談LINE」爆撃にウンザリ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:シロメ
性別:女
年齢:46
プロフィール:結婚23年目の兼業主婦。子供あり。

7.jpg

子ども達が大きくなってからはしばらく会っていなかったママ友から、1年前、急に深刻な感じのLINEがきました。

私が返信すると「LINEでは話せないから、近いうちに会って話をしたい」とのこと。

そこで久しぶりにランチをしたのですが...「現在、ご主人の他に付き合って半年の彼氏がいる」と打ち明けられました。

その彼氏は仕事柄、若い世代の女性と接する機会が多いようで、彼女は彼氏の浮気を疑って悩んでいるようでした。

結婚、子育てを経て、主婦として恋愛には無関係だった彼女。

20数年忘れていた感情が押さえられないのか、とにかく彼氏に夢中でした。

不安な気持ちを私に話し、不安要素を消したかったのだと思います。

そのランチ以降、彼女から尋常ではない数のLINEが届くようになりました。

「彼氏のLINEの返信が半日ないから他の女と会ってるのかな?」

「会った時に首に茶色っぽい痣があったんだけどキスマークかな?」

「ドライブ行きたいんだけどおすすめの場所教えて」

「急に仕事が入ったと約束をドタキャンされた。これって浮気だよね?」

...などなど。

朝から夜中までLINEがきます。

私が忙しくて返信をすぐに返せなかったり、正直少し面倒な時は既読スルーや未既読のまま放置しておくと「しつこくて、ごめんね」「仕事中なのに涙が止まらない」「もう死にたい」などのスルーできないような内容のLINEが届くのです。

LINEだけならまだしも「今日会える?」とその時の気分で連絡も来るようになり、私が仕事の日は私の昼休みや就業時間に合わせて、私の職場の近くにも来るようになりました。

気分が落ち込んでいても、私と話すと前向きになれるんだそうです。

会って別れる時は元気なのですが、半日後ぐらいにはもうネガティブなLINEが来る...といったことが1カ月ほど続いた頃のことです。

「また約束をドタキャンされたんだけどどう思うか? もう別れた方がいいか本気で悩んでる」というメッセージに続いて「今から私の家に行ってもいいか」とLINEが届きました。

用事があった私は、用事を済ませた後に会う約束をしました。

そして、数時間後に彼女が来ました。

いつもそうなのですが、彼女は私にLINEで質問を投げかけてきても、私の返信が遅いと勝手に自分で答えを出してしまいます。

この時もそうでした。

彼氏に「あなたを疑ってばかりで自分が嫌になってしまった。辛い」とLINEをしたそうなのです。

すると、彼氏から自分も少し疲れたので一人になりたいと別れを匂わせる返信がきたと落ち込んでいました。

この時のLINEがきっかけとなり二人の関係は終わったようですが、彼女はまだ彼に未練がタラタラ。

私への悩み相談も終わることなく...。

今もまだ別れた彼氏の気持ちを再び自分に向けるにはどうしたらいいかとLINEがちょこちょこきています。

お願い、もう私も開放して!

関連記事:母の死後半年で「恋人をとっかえひっかえ」。心が弱すぎる父が許せません...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

大変そうですね…関係ないのに相談にのってる主様がかわいそう(・Д・)結婚も子育ても終えた後、若者に恋愛…最近はそういう人も多いのでしょうけれどそれがバレたら失うものが多すぎて普通はできないですよね… 恋愛するのはその方の勝手ですがまずは主様を解放してあげてほしい!笑

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP