あおり運転の主はなんと実家のご近所さんでした。こんな時どうすればいいの?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ペパーミント
性別:女
年齢:52
プロフィール:社会問題になっているあおり運転。私と母が被害にあったのはなんと実家のご近所さんでした。

24.jpg

実家の母と私の車で近所のスーパーでお買い物に行き、帰路につこうとしたときのことです。駐車場の通路でハザードをつけたまま、止めている車が目に入りました。通過できないほどの狭さではなかったのですが、なんとなくいや~な予感がしたのでしばらく待つことに。「早く行ってくれないカナ~」と思いつつ待つこと約5分。しかし、一向に動く気配がないので仕方なく横を通過することにしました。

相手の車が急に動くと危ないと考え最徐行で進んだところ、難なく通過です。「とりこし苦労だったカナ」とすっかり安心した私は出口付近で信号待ちをしていました。すると、先ほど通路でとまっていた車がスゴイ勢いで追ってきて、追突寸前のところで急停止。車の窓から怒声を浴びせ始めました。それらの内容から、通過したのが気に障ったことが分かりました。

私はさっそく車をロック。ミラー越しに相手の顔を見るとそこには見覚えのある顔がありました。よくよく見るとその人は実家のご近所さん。70代後半くらいに見える男性で、会話こそしたことはないのですが、顔を合わせる度にごくごく普通に挨拶をかわす人なのです。一瞬人違いかと思いましたが、その人の乗っている車には少々特徴があって、その点が完全に一致していたことで「コレは間違いない」と確信したのです。

「厄介なことになったな」と考えていると、信号が青に変わったので無視して進みました。このまま終わればいいのにとの願いもむなしく、相手はとってもしつこかった。追いかけてきてあおり運転の開始です。ブーブーとクラクションを鳴らしながらくっつく離れるの繰り返し。ご丁寧に信号でとまるたびに怒声を浴びせてきます。

ですが、幸いなことに私が走っていたのは40キロ制限の一般道路で、しかも交通量がとっても多い場所。前に割り込まれる心配はなさそうかなと。それより心配なのは後部座席の母のことでした。万が一にも追突されるとケガさせてしまいます。

そこで仕方なく車を超スローダウンに。進行方向には交番がありますので、そこまでの辛抱です。信号で止まるたびに怒声を浴びせられながらも気にせず進むと、ほどなく交番付近に到着しました。交番の前には運よくパトカーが止まっていたため、「コレは中に警官がいるかも」、そう安心したその瞬間、相手はおもむろに左折してどこかへ行ってしまいました。

いつもならそのまま交番に行き、事の顛末を伝えて対処してもらうのですが、相手は実家のご近所さんですし証拠映像もありません。一旦はそのまま帰宅して様子をみることにしました。

帰宅したら相手も既に帰宅していて、タイミング悪く(?)顔を合わせることに。ここで驚いたのですが、あおり運転をしてきた相手はこちらに全く気付く様子もなくて、いつも通りに「こんにちは~」と挨拶してきたのです。それに私の車を見ても全く動じる様子もありません。「この人、ホントに気づいてないの? あるいは気づかないフリしているだけ?」いぶかしく思いつつ、どうしたものかと今日の出来事を父に伝えてみると「それは絶対人違い。あの人はおとなしいからそんなことしない」というのです。顔も、車種も、車の色も、車の特徴も、そしてナンバープレートでさえ同じなのに......。しかし、これ以上手の打ちようがないと考え、鍵かけなどを忘れないよう注意を促して実家を後にしました。

その後随分時間が経過しましたが特に変わりなく、平和にご近所づきあいをしているのだそう。あの「あおり運転」の主と。これで良かったのか、あるいはあの時警察に行くべきだったのか、今でも答えが見つからない私です。

関連記事:「お父さんにお礼言って!」望まないお節介にお礼を強要してくる隣人

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP