モラハラ結婚生活から熟年別居に至るまで。新婚旅行先のハワイで夫は豹変した/chii

ハワイで二人だけの結婚式をあげました。

憧れの真っ白なウェディングドレスを着て、お化粧もバッチリ決めて別人のようになった私(両親に見せてあげれなかったのは本当に残念でしたが) 夫は黒いタキシード、とても素敵でした。

結婚衣装を身にまとったら、ホテルへは大型のリムジンカーが迎えにきて、教会へと向かいました。

緊張の式が終わって記念写真をとった時、夫はなんと私をお姫様抱っこしてくれたのです。

お姫様抱っこなんて人生初の経験です。

夢のようなひと時でした。

その後のハネムーンでは幸せな時間を過ごせると思っていたのに...

某レストランで突然キレたのです。

本当に些細なことでした。

そのレストランは私が選んだ場所だったのですが、その雰囲気も料理も気に入らなかったらしいです。

「こんな物食えるか、なんでこんなまずいお店を選んだんだ?」

と私を攻めたててきた上に、新妻を残し一人でホテルへ帰ってしまったのです。

その時は何が起こったのか理解できずに、ハワイの夜の繁華街を一人で歩いていたら涙があふれてきたのを覚えています。

ホテルに帰ると、夫は布団をかぶって寝ていました。

これが新婚旅行?おかしいよ、でも機嫌が悪かっただけなのかも?と思いなおす。

次の日も些細なことでキレる夫。

友達や家族にお土産を選んでいたら、「なんでそんなに買うんだ? 早くしろよ」とまたどこかへ消えてしまったり。

コーヒーを飲んでいたら、こぼしてしまった夫。「おまえがコーヒーなんて飲みたいっていうからいけないんだ」とか。

えっ? もうおまえ呼ばわりなんだ...。

釣った魚に餌はやらない? 早すぎるでしょ。

私の脳裏には「成田離婚」という言葉が浮かびました。

この結婚生活はうまくいかないかもしれない、やり直すなら早い方がいいと思ったのです。

「もう別れよう、日本に帰ったら離婚したい」

と夫に恐る恐る話してみました。

夫は顔色をかえて、頭をさげて謝ってきました。

「ごめんごめん、許してくれ、気をつけるからもうしないから」

平謝りってやつです。

今離婚したら親父を悲しませるからとも言っていました。

夫は父親と二人暮らしをしていました。

夫の母は夫が27歳の時に他界しています、なので義父とは助け合って生きてきたのだと思う。

それからすぐに夫は優しい夫にもどったのですが...。

謝っては繰り返す、これは典型的なモラハラだと後から知りました。

新婚旅行から帰ると、また些細なことでキレるようになった夫。

そして暴力もはじまったのです。

【まとめ読み】熟年別居中!波乱万丈chiiさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

chii

​モラハラ夫の家を飛び出して、大学生の息子と二人暮らしをしているchiiと申します。離婚は選択せずに熟年別居中。某スーパーでサービスカウンターの仕事をしています。パートなので生活は楽ではありませんが、結婚生活が地獄だったからこそ、今の一人の時間が幸せに感じています。別居直後に書きだした「60代小さく暮らす」、お一人様の老後がテーマの「お茶のいっぷく」という二つのブログを書いています。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

失敗する結婚って最初から何かおかしい の繰り返しですよね
夫がキレる。。。幼少時から抑圧されて育てられたのでは?と思いますが、、 これは元夫さんが、母?祖父?祖母?から【人格否定】されながら育てられたのでは?と思いますが。いかがでしょうか?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP