モラハラ結婚生活から熟年別居に至るまで。新婚旅行先のハワイで夫は豹変した/chii

はじめまして、熟年別居をしてから7年目のchiiと言います。

ここまでくるまでには本当にいろいろあり、自分でも波乱万丈の人生をおくってきたなと思います。

pixta_60170158_S.jpg

昨年、還暦をむかえ、今年3月には孫も生まれました。

苦労の多い人生でしたが、今が一番幸せかもしれないです。

これから熟年別居に至るまでのさまざまな出来事を、過去を振り返りながら綴っていきたいと思います。

娘は現在28歳。昨年の春に電撃結婚をし、今年の春に第一子を出産しました。

息子は現在国立大学の3年生。「親父みたいになりたくない」これが彼の口癖です。

私自身は現在、某スーパーで週5勤務の長時間パートをしています。

まずは、夫が「モラハラ男かも!?」と初めて感じた時のことからお話ししましょう。

実は夫とお付き合いしている時から、なんか変?と思うことは多々ありました。

夫には全く友達がおらず、親戚付き合いもしていなくて人嫌いなのかもと思っていました。

それからどこかに出かける約束をドタキャンするのです。

これは一回や二回ではなかったです。

そして極めつけは結婚式をあげたくないと言うこと。

友達も親戚もいないので、両家のつり合いがとれないからという理由だったのかもしれません。

私の両親はハワイで結婚式をあげるなら自分たちも行きたいと熱望しましたが、それをあっさり断られました。

私も両親に花嫁衣裳を見せてあげたかったのですが、仕方なくあきらめました。

結局、ハワイで二人だけの結婚式ならいいということで、従うしかありませんでした。

そんな不信感を抱きながらも、私は当時31歳で結婚を焦っていました。

少しくらいのことは目をつぶってエイっと結婚してしまったのです。

(そういえば、当時はモラハラという言葉はなかったかも)

夫は7つ上の38歳、夫も結婚を焦ってたようです。

【次ページ:ハワイで二人だけの結婚式。そこで夫は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

chii

​モラハラ夫の家を飛び出して、大学生の息子と二人暮らしをしているchiiと申します。離婚は選択せずに熟年別居中。某スーパーでサービスカウンターの仕事をしています。パートなので生活は楽ではありませんが、結婚生活が地獄だったからこそ、今の一人の時間が幸せに感じています。別居直後に書きだした「60代小さく暮らす」、お一人様の老後がテーマの「お茶のいっぷく」という二つのブログを書いています。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

失敗する結婚って最初から何かおかしい の繰り返しですよね

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP