「俺は男の子を産めと言ったよな、女はいらない」モラハラDV夫、七五三でも突然不機嫌に/chii

熟年別居をしてから7年目のchiiと言います。ここまでくるまでには本当にいろいろあり、自分でも波乱万丈の人生をおくってきたなと思います。

前回の記事:「おまえが悪い」気に食わないと物を破壊する夫。包丁で傷つけられた家具に呆然/chiipixta_28777729_S.jpg

親戚付き合いを嫌がった夫は、私の里帰り出産でさえいい顔をしませんでした。

それでも私は、初めての出産で不安だったこともあり里帰り出産を強行しました。

臨月になり大きなお腹を抱えて1人で帰りました。

出産予定日の一週間後、私は破水したので病院に向かいました。

最初は母が付き添ってくれたものの、陣痛が長引きそうだし仕事もあるからと、帰ってしまったのです。

たった1人で16時間狭い陣痛室で苦しんだ末、帝王切開の手術をすることになりました。

陣痛促進剤を打っても、子宮口を柔らかくする薬を飲んでもお腹の赤ちゃんは出てきそうになくて。

手術同意書にサインしてもらうために、再度母に来てもらう。

帝王切開手術のための麻酔の注射がすごく痛かったのを覚えています。

無事に女の子が生まれたのですが、夫は一週間会いに来ませんでした。

私が里帰り出産をしたのが面白くなかったのだと思います。

一週間後、険しい顔で、病室にやってきた夫。

労いの言葉をかけるどころか「俺は男の子を産めと言ったよな、女はいらないから今すぐに捨ててこい」と信じられない言葉を言ったのです。

私は頭を殴られたようなショックを受けました。

28年たった今でも、その一言は忘れられません。

ひどい言葉を吐き捨て、違う部屋にいた赤ちゃんはチラ見しただけで帰っていきました。

退院後、1カ月検診が終わるまで実家にお世話になったのですが、夫は一度も顔をださなかったし、迎えにもきてくれませんでした。

お店を経営している実家では、だんだん居場所がなくなっていき、私は生後1カ月の娘を連れて一人で夫の待つアパートに帰りました。

今度はどんなひどい言葉を投げつけてくるのか、正直不安でいっぱいでしたが、意外にも夫は優しい顔で迎えてくれたのです。

そしてしばらくは抱っこしたり、ミルクをあげてくれたり、お風呂に入れてくれたりと父親らしいことをしてくれたのです。

当時はとても幸せでした。

娘が夫を変えてくれるかもしれないって期待もしちゃいました。

「捨ててこいなんて本心じゃなかったんだ」「自分の子だもの可愛いに決まってる」と内心ほっとしていました。

お宮参りもお食い初めも、普通の家庭と同じように祝うことができました。

モラハラもDVも息をひそめた幸せな時間が続きました。

ただその頃から、私は夫を怒らせないようにいつも細心の注意をはらっていました。

夜は夫は1人で、居間で布団を敷いて、私と娘は隣の和室で寝ていました。

娘の夜泣きがひどい時は、夫を起こさないようにそっと外に出て一晩中抱っこしていたこともあります。

娘が2歳を過ぎるころまでは、平和な毎日が続いていたのですが、仕事で何か嫌なことがあるとまた荒れるようになっていったのです。

次ページ:七五三でおめかしした娘に、夫がまさかの行動...!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

chii

​モラハラ夫の家を飛び出して、大学生の息子と2人暮らしをしているchiiと申します。離婚は選択せずに熟年別居中。某スーパーでサービスカウンターの仕事をしています。パートなので生活は楽ではありませんが、結婚生活が地獄だったからこそ、今の一人の時間が幸せに感じています。別居直後に書きだした「60代小さく暮らす」、お一人様の老後がテーマの「お茶のいっぷく」という二つのブログを書いています。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

うちの母も60代ずっとモラハラDV浮気に悩んで耐えて教会に行ってました。今も離婚の選択はないです。母も辛いがそんな親を見て育った子どもも人格形成で影響ありますね。若い人は離婚で辛抱しないと言いますが、熟年層は耐えすぎてるとも思ってます。別居を選んだ事は先を見据えて正解ですね。まだ離婚しないうちの両親も年金の事だけでなく色々あるんでしょう。どう言うわけか最近では仲良く連れだって習い事してます。お師匠さんが父が間違った事をしたら叱ってくれるので。夫婦のことは子どもにすら分からないです。
私も生まれた時に「なんだ、女か」と父に吐き捨てられました。退院まで面会にも来なかったそうです。成長していく中でも、弟達は可愛がるのに、私には何かとつらくあたる父が大嫌いでした。 母をバカにしながら、困ったことがあれば、後始末は母と私にさせる、最低のクズ男です。 未だに母は、そんな男と離婚できずに一緒に暮らしています。 ご近所や親戚に迷惑をかけるから、と母は言いますが、私を生んだ時に離れていれば、今の苦しい状況は違っただろうに、と思います。そして、私も父に認められようと無駄な努力をすることもなかったのに、と少し恨めしく思ったりします。
読んでいて腹が立って来る。 何故、男の子を産めばまともになると思えるのか? そんな馬鹿な人間腐っているのに、何故一緒にいつまでも居れるのか。 何故、夫婦で居られるのか。 何の為の我慢ですか? 我慢が美徳でしょうか? 子供が死産だった事を、笑顔で言える異常者の遺伝子をこの世に残す意味は無いと思います。
色々な事情があるのかとは思うけれど、何故離婚ではなく別居なのか…しかも相当な年月で。 私の元旦那もDVモラハラクソ野郎でした。強い者にはヘコヘコ、私や私の親には暴言… 切迫早産で入院して費用がかかった時も入院なんかするからやと愚痴(結局1円も出さない)、一緒になっていた間生活費も一切ありませんでした。 元旦那は事故死しましたが逆にそのおかげで逃れられたというか。 こんな人間は子どもが、男が生まれようが変わるわけがない。根っこからおかしいですからね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP