「家からは一歩も出さん!!」結婚を急ぐ二人に父激怒!若い二人が取った道は.../かづ

pixta_24535998_S.jpg

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。

結婚35年目。現在は夫婦二人と4ニャンとで暮らしています。

前回に引き続き、夫「Iさん」との結婚の経緯を振り返ります。

前回の記事:婚約者の実家に初訪問。ひどすぎる仕打ちに親子絶縁か/かづ

Iさんの両親に会いに行ったことで、『これで完全に親子の縁を切って来たから』と、うちの両親に宣言したIさん。

Iさんは父に

『僕は養子に入ってもイイと思っています』

とまで言い出した。

父は

『いやいや、○○君。

 ウチには下に長男・次男と男の子が居てる。

 こいつは嫁に出すつもりやから、養子は要らん。

 それにな、大昔から「男は3合の米が有ったら養子に行くな」と言うたもんや。

 まぁ、こいつを大事にしたってや。』

と言った。

とはいえ父としては、結婚はもう少し先の話だと思っていたようだ。

色々あったとは言え結婚を承諾したばかりだし、娘にはまだまだ看護学校がある。

当然、結婚は卒業後になると思っていたのだ。

ところがだ

Iさんが、私の卒業を待たずに、取りあえず先に籍だけ入れたいと言い出した。

当然、父は激怒だ。

Iさんが急ぐ理由はいくつかあった。

まず、失礼なことに、直ぐにでも籍を入れないと、私が若いのでいつ気が変わるかも知れないと言うこと。いわゆる「男が出来るかもしれない」と言う訳だ。

そして、自分が31歳になる前に、結婚したいと言う。

私としてもすぐにでも結婚してよかったのだが、

いくら看護学生とは言うものの、籍を入れて結婚してしまえば、いつ妊娠するか解らない。

そうなれば、学校も退学することになる。

両親はそれを理由にして反対した。

Iさんは

『看護婦になって貰う気は有りません!!』

と、宣言する。

両親は、看護学生として勤めていた病院に相談した。

すると、病院から看護学校に連絡が行ったようで、病院では院長や婦長や主任から説得攻勢、学校では担任や学年主任に校長までが説得攻勢を掛けて来た。

当時、結構成績は良く、卒業後の希望として、救急外来か海外青年協力隊希望が私だけだったので、病院としても学校としても、説得したかったのだろう。

その上、父が

『寮生活はやめさせて、自宅から通勤通学をさせる!

 送迎はワシがやる!!

 家からは一歩も出さん!!』

とまで言い出した。

父は私に

『二人で一生懸命頑張って稼いで、少なくとも100万円を貯めろ。

 その間は、一切逢ったらアカン。

 どうしても結婚したいとの気持ちが有れば出来るはずや!!』

とも言った。

父としたら、私がIさんと一切逢えない様にさえなれば、すぐにIさんなんかのことは忘れてしまうと思ったようだ。

ある意味正解だとは思う。

けれども、それ以上に私のことを良く解っているのはIさんだった。

二人で相談した結果。

妊娠しちゃえ♪

と言うことになった。

さすがに堕ろしてまで別れろとは言わないだろうからと、即決。

なんと、次の生理が止まった。

妊娠したのだ。

次回へ続く

関連記事:「授かり婚」と言うけれど...。素直に喜べなかった22歳の娘の妊娠と孫の誕生

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚35年目になります。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

関連データ

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP