「会えなくてざんねーん(ハート)」アラ還の夫の浮気疑惑。大喧嘩の後、落ち着いてから私が悟ったこと

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ちーさん
性別:女
年齢:63
プロフィール:会社員。同じく会社員の夫(62歳)と現在は二人暮らしです。

25.jpg

4年前、夫は58歳、私は59歳の時に大きな夫婦喧嘩をして、私は離婚まで考えました。

当時、夫はガラケーを使っていました。

ガラケーはミュートになっていましたが、しょっちゅう着信を示す怪しい光を放っていました。

スマホならLINEやメールだけではなく、様々なアプリからの通知が入ってくるので、光ったり音がしたりするのは分かるのですが、ガラケーが光ってばかりいるのはなぜ!?

女の勘というやつでしょうか、なぜかビビビッときました。

「いい歳をしてこんなこと考えるなんてみっともない」

「頭の毛も薄くなり始めてポコリと出てきたお腹だし、モテるわけないでしょ」

そう思っていたのですが、モヤモヤに耐えきれなくなり、夫がお風呂に入っているときにガラケーを覗いてしまったのです。

するとSMSメッセージに「会えなくてざんねーん(ハート)」とメッセージが入っていました。

名前を見るとどうやら女性のよう。

こういうとき、本当に頭が「ガーン!」となるのですね。

いい歳をして嫉妬で詰め寄るのはみっともないし、こちらも戦略を立てなければ...と思ったのに、私は我慢ができませんでした。

「携帯見たから! いい歳して何やってるの!」

切れた私はお風呂から出てきた夫に怒鳴りました。

「勝手に何見ているんだよ。それにただの同級生でメールで遊んでいるだけだよ」

夫は開き直ったのか平然としていました。

夫の中学生時代の同級生はみんな仲が良く、同窓会でも盛り上がるということは以前から聞いていました。

でも還暦を前にした男女が、くだらないメールを送り合っていたことを知り、なんだか情けなくて許せなかったのです。

そうして一晩中の大喧嘩に発展!

お互いの過去まで持ち出して、もうグチャグチャです。

翌日、疑い深くなってしまった私は、夫が以前使っていた古い携帯を探しだし、充電をしてみると過去のメールの一部を見ることができました。

「やっぱり...!」

なんと朝から晩まで同級生の女性にメールを送っていました。

同級生といっても、夫の同窓会の写真を見ると、失礼かもしれませんがおばさんです。

それでまた気分を悪くした私は、仕事から帰ってきた夫に問い詰めました。

「ずっとこんなことしていたのね」

そう言うと、夫は逆ギレしてきました。

「だから同級生とメールで遊んでいただけだと言っているじゃないか! そんなに疑うならこんな携帯いらない!」

と言ってガラケーをフローリングの床にたたきつけて「ボキッ」と割ってしまったのです。

怒った夫はその日から口を利かなくなり、食事が終わると自分の部屋に閉じこもるようになってしまいました。

しばらくはこのような状態が続き、二人暮らしなので家の中はひっそりとして重苦しい空気が漂っていました。

いい歳をしてくだらない夫婦喧嘩をしてしまったと、お互い落ち着くまでに2週間ほどかかりましたが、私は許せる気持ちになったわけではないのです。

ただ、どうでもよくなったのかもしれません。

関連の体験記:勝手に職場放棄をして家で嫌味を言い続ける夫に疲れた...「離婚」をはっきり意識した20年前の事件
関連の体験記:大声で罵り合い夫は出ていき、3歳の娘は号泣...。離婚危機の原因、たかだかこんなことでした
関連の体験記:夫婦喧嘩の怒りが落ち着くまでは無視が正解...「妻の取り扱い説明書」は父から夫へ受け継がれた!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP