「え? 誰?」見知らぬ男の子が我が家に現れ、ふっと消えることが続いた3日間

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:夢乃
性別:女
年齢:55
プロフィール:若くして結婚し、早々に2児のシングルマザーになり、子どもたちが独り立ちしてからは80代の母と同居の日々。

№5.jpg

今から24年ほど前のことです。

長女が12歳、長男が7歳の頃に、新築だった今の住まいに入居しました。

引っ越しが落ち着き、通常の生活を始めて2カ月ほど経過した、6月の初旬頃の出来事です。

子どもたちを学校に出して、朝の家事をこなそうとリビングにいました。

ふと玄関が開いたような音がしたので目をやると、見覚えのない男の子が立っているのです。

どこかの幼稚園の制服のような服装で5歳前後の男の子なのですが、我が家にはそんな小さな子はいませんし、もちろん息子の友だちでもありません。

その子はさっと息子の部屋に入っていきました。

我が家はちょっと変わった間取りになっていて、玄関の脇が長男の部屋、その隣が長女の部屋、そのまた隣に和室と並び、和室の前がリビングになっていました。

あわてて息子の部屋を見に行ったのですが、誰もいませんでした。

玄関の鍵はかかっていますし、誰か出入りした形跡もありません。

まるでキツネにつままれたような感じでした。

「もしかしたら座敷童なんじゃない? もし座敷童だったら金運が上がるから、試しにパチンコにでも行ってみたら」

友だちにその話をすると、冗談交じりでそう言われました。

その話を信じたわけではありませんが、試しにパチンコへ行ってみたら、なんと1,000円が3万5,000円になったのです。

次の日も子どもたちが学校へ出払った後、やっぱり見知らぬ男の子が玄関に突然現れ、そのまま息子の部屋に吸い込まれていくように移動しました。

玄関の鍵を確認して息子の部屋も見るのですが、やはり誰もいません。

私がリビングに戻ると、なぜかその男の子は玄関から出ていくのですが、やっぱり鍵は開いていないのです。

翌日も3日連続でその男の子が現れて、玄関から息子の部屋に行ったり来たりしながら、やがて玄関から消えていきました。

それが男の子を見た最後でした。

ちょっと気味が悪いことだったりすると、霊の仕業か、幻か何かと思うものです。

ただ、その男の子が現れても恐怖感は全くなかったのと、霊のように透けて見えるものでもありませんでした。

なんとなく構ってほしそうな素振りも見せていたので、怖いものではないと思います。

でも、なぜ我が家へやってきたのか、あの子は誰だったのかいまだに分からないままです。

あの男の子は何者だったのでしょうか? 実際に座敷童だったのでしょうか? 

残念ながら、もし座敷童なら我が家はお金持ちになっていたかもしれませんが、ごく普通の生活を送っています。

こんな不思議なことって、よそでも起こったりするものなのでしょうか。

関連の体験記:家主が10人近く入れ替わっている「イワクつき」物件。不思議な「見える甥」が住むようになって...
関連の体験記:「娘が悲しんでいるから...」急逝した母の通夜の不思議体験。悲しむ私の前に従姉妹が現れて...
関連の体験記:この人って私にしか見えてない...!? 白昼のレストランで遭遇したボロボロの女性と恐怖の金縛り体験

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP