別れの予兆!? 彼にプレゼントしたものが次々破損していく不思議な出来事

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:れもん
性別:女
年齢:46
プロフィール:自粛期間に5キロも太ってしまいました。高所は苦手ですが、山好きアラフィフシングルマザーです。

47.jpg

私は46歳のシングルマザーです。

日々忙しく過ごしていると、いつの間にか持ち物が増えていたりして、モノの管理がしづらくなってしまいます。

年末の大掃除までこの状態を放置してしまうと、とんでもなく大仕事になってしまうので、3年前からは毎年、夏のお盆休みを使って断捨離するようにしてきました。

2021年のお盆もまた例年通り、一つ一つ自分の所有物と向き合い、片付けをしていたのです。

主に自分の服やバッグ、靴などを見直すのですが、そのときは食器棚を片付けることにしました。

長年使用している我が家の大きいサイズの食器棚は、たくさん収納することができます。

そのため、全く使わない食器などもついつい保管しがちだったので、思い切って処分することにしました。

そんな中、一番高い位置にある棚の奥に、小さな箱があることに気が付きました。

「ん??」

早速箱を開けてみると、なんとも懐かしい思い出のマグカップ!!

それは私が高校生だった頃、大好きだった彼とお揃いで購入したマグカップでした。

「うわ~! まだあったんだ~!」

あまりの懐かしさに、ひとりごとを言いながら感動してしまいました。

同時に、当時の思い出が次々と蘇りました。

とても優しく尊敬できる彼だったのですが、高校卒業と同時に進路の関係で遠距離恋愛が確定になった頃から、私は彼との別れを意識するようになっていました。

自分なりに考えてついに別れを切り出すと、しばらくの間、彼は大粒の涙をボロボロと流し、一端落ち着くと弱々しい声で話始めました。

「やっぱりね...なんか、そろそろそんなこと言われるんじゃないかと...実際にね、会っていなかったこの1週間に、不吉なことばかり起きたんだよ...」

「プレゼントしてくれた電気スタンドが壊れちゃったし、お揃いで買ったマグカップあったでしょ? あれ、何日か前に取っ手の部分が急に取れちゃって...その上、記念日にお揃いで買ったブレスレットも、昨日切れちゃったんだよ...」

このことを聞いて、私はかなり驚いてしまいました。

私が彼にプレゼントしたモノが、このタイミングで次々と壊れてしまっていたなんて...。

彼は、迷信など目に見えないモノなどは全く信じていないタイプでしたが、このときばかりは、偶然とは思えないと言っていました。

私自身としては、これまでいくつか不思議な体験をしてきたので、目に見えない力や存在はあると確信しています。

何はともあれ、高校生時代に彼とたくさん充実した時間を過ごし、40歳を過ぎた今となっても、こんなふうに時折当時を振り返り懐かしく思えること自体、とっても幸せなんだと感じています。

非常に思い出深いマグカップではありましたが、こちらもまた「彼との素敵な思い出をありがとう」と心で礼を告げ、丁寧に処分しました。

関連の体験記:通勤電車内で一目惚れ!? 不審者だと勘違いし逃げ惑う私に「未来の夫」が叫んだプロポーズ
関連の体験記:30年前の私は若くて愚かだった...。体調を崩しながら「60歳の既婚カリスマ上司」に片想いした日々
関連の体験記:ドライブ中のカセットテープは「両思いのサイン」!?  30年前、憧れの先輩との甘酸っぱい恋の思い出

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP