「お宅は安い肉が多いから」と義母。好きなものだけ食べ続けた夫の偏食が息子にまで...!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:むらまゆ
性別:女
年齢:44
プロフィール:専業主婦。息子は17歳の高校生、夫は46歳の公務員です。

2.jpg

我が家の食費は夫と息子のお弁当代、お茶代、夫の仕事合間のお菓子代含め月10万円です。

高すぎると思います。

原因は息子が高校3年生になり食べる量が異常に増えたこと、野菜価格の高騰、毎日食後に飲むヨーグルトを飲むといった習慣などのせいもあります。

しかし一番の原因は、我が家独特のルールのせいだと思っています。

そのルールとは「家族の好き嫌いを考慮した食事を作る」ということです。

夫も息子も好き嫌いが多く、さらに夫と息子の食事の好みは全く違います。

これを考慮した料理を用意するのがとても大変なのです。

夫が嫌いな食べ物は、チーズ、唐揚げ以外の鶏肉、とんかつ以外の豚肉、クリームシチュー、納豆やめかぶなどのネバネバ系、ホタテなどの貝類。

そして安い牛肉(霜降り肉のみ食べられる)、豚肉(ブランド豚肉のみ食べられるのですが)です。

息子は、寿司以外の魚料理は嫌い(寿司ならほとんどの魚が食べられる)、ご飯も酢飯以外は苦手、でもちらし寿司は食べられない、唐揚げや豚カツはデパ地下以外は食べられない。

野菜はキュウリとキャベツ以外苦手です。

「好き嫌いはしない。作ってもらったものは文句を言わずに食べること」

私の実家ではこれが絶対的なルールだったので、初めはとても戸惑いました。

しかし夫は嫌いなものは出されても絶対に食べないのです。

どうにかならないかと困って、6、7年前に姑(2年前に70歳で死去)に相談したところ、夫の実家での食事は我が家どころではありませんでした。

舅(74歳、年金生活)姑、夫、義弟(41、無職)が別々のメニューを食べていたというのです。

舅は肉類すべてが嫌いで作るだけでも罵倒されるため、絶対に肉料理は作らなかったようです。

もしも肉が食べたかったら、息子たち用に霜降り肉を買ってきて料理したのだとか。

「家族で好きな物だけ食べるのは普通じゃない。いいものばかり食べさせてごめんなさいね。お宅は安い肉が多かったと思うけど」

義母に半分馬鹿にされて相談は終わりました。

夫の偏食は姑のせいかと思いましたが、その状況を知ってもすでに時は遅しです。

ある日、焼き魚が食べられない息子に言いました。

「嫌いでも食べないと将来困るよ。作っている人に感謝しないと」

しかし、すかさず夫が否定してきました。

「作ってくれる人が、自分好みに作らないことが間違いだ」

それは違う! という私の言葉は夫には響きませんでした。

実家で歪んで植え付けられた食への意識は、今から変えることは難しいようです。

あきらめた私は、それから今に至るまで、家族の好みに合わせた料理を用意するようになりました。

今は、好き嫌いのない私が夫と同じ物を食べて、息子にはメインに別料理を作っています。

そんな我が家のとある日の献立はこんな感じ。

夫:焼き魚、煮物、酢の物、ご飯、味噌汁

息子:ハンバーグ、酢の物、高野豆腐の煮物、ご飯、味噌汁

私:煮物、酢の物、高野豆腐の煮物、ご飯、味噌汁

メインが毎日2つ用意される食卓、そりゃあ食費がかかるはずです。

結婚してもうすぐ20年、全く解決策が見つからないまま過ぎてしまいました。

好き嫌いの多い人用の食費節約法がないのか、暗中模索の毎日です。

関連の体験記:長年連れ添って今さら!? 食事中に夫がテレビを見ながらボソッと「料理が味気ない」
関連の体験記:え!毎月8万円の援助を「20万円にして」って...年金暮らし・85歳の義両親に湧き上がる疑問
関連の体験記:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私/かづ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

大変ね、頑張ってるね、と言われたいのかもしれないけど、我儘許して大変にしているのは自分でしょ。 息子が好きなようにさせるのではなく社会に出して一人でも困らないように自立できるようにさせるのが母親の役目じゃないの。他所でそんな赤ん坊みたいなの通用しないよ。
何故離婚しなかったのか?
何やってるの?全員に同じものを作って、食べない奴はかってに飢えろ、って言えば良かったのよ。息子が旦那と同類になるよ?将来、まともな感覚のお嫁さんに苦労させて、子育て失敗の恥かくのは貴方よ?
メインを二種類作っても三人分ずつ作るわけではないですよね?都合三人分しか作らないのに平均の倍も食費がかかるのはそれ以外のことにかかっていて且つやりくりが上手でないのだと思う。後は生活レベルが収入に見合っていないのでは?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP