ママ友宅で子ども同士がベネチアングラスを...! その後、深夜に届いた理不尽な「弁償して」メール

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:わんわん
性別:女
年齢:51
プロフィール:会社勤めの主婦。55歳会社員の夫、21大学生の息子と3人で首都圏在住。

17.jpg

今から16年前の2005年頃、私は専業主婦で息子は幼稚園児(5)でした。

幼稚園が終わった後、招き招かれしながら親子で仲良くしていたママ友がいました。

当時の我が家は子ども仕様に模様替えし、決しておしゃれな空間ではありませんでした。

一方ママ友宅は季節に合った装飾など施されていて、我が家と違って素敵だなといつも感心して眺めていました。

楽しい平穏な日々が続いていましたが、ある日を境に関係が崩れてしまったのです。

ママ友宅に招かれたある平日午後、ママ友と私はリビングに続くダイニングテーブルに座り、子どもの様子を見つつ楽しくおしゃべりしていました。

子どもたちのいるリビングを眺めていると、今まで見たことがない高さ50センチほどのガラスの置物がテレビの横に置いてありました。

「えっ! 何であんな壊れやすいものが今ここに? 危険すぎる」

心の中でそう思いつつ、その素敵な置物は何か尋ねました。

「今日は結婚記念日なの。あれは新婚旅行先で買った思い出のベネチアングラスだから、今夜、記念日のお祝いをするために出してきたの」

電車のおもちゃで遊んでいる子どもたちからは離れた場所だったし、今のところ問題ないか...喧嘩もしたことないし...、と対処しなかった私も危機管理が甘かったと今は後悔しています。

その後も子どもたちは電車遊びに没頭していました。

しかし私がトイレをお借りしてリビングダイニングに戻ってきたとき、状況は変わっていたのです。

空気で膨らませた風船をトスして、何回続けられるかという遊びが始まっていました。

「何で急に風船? これは危険な状況なのでは⁉」

頭の中でサイレンが鳴り響いたその瞬間、事故は起きてしまいました。

ふわりと横に逸れた風船がゆっくりとその思い出のベネチアングラスの先端をかすり、グラスはスローモーションのようにゆっくりとフローリングの床に倒れて落ちました。

ママ友が駆け寄り、状態を確認したところ、尖った先頭部分が折れていました。

子どもたちも状況を察して呆然としています。

私の頭の中は混乱したままでしたが、まずは謝罪をと思いました。

「ごめんなさい。思い出の品なのにどうしたらいいかしら...本当にごめんなさい」

少し沈黙が続いた後、ママ友が口を開きました。

「ウチの息子が風船を持ってきたのを止めなかった私も悪かったし...」

ママ友がそう言い、また私が謝り...を何度か繰り返し、その日は早々にお暇しました。

帰宅直後、当時はガラケーでしたがメールで再度謝罪を伝えましたが返信はありませんでした。

返信がないことに不安を覚えつつ、うちの子が一方的に悪いわけでもないけれど、壊れてしまったことは事実。

でも新婚旅行の思い出の品と同じものは手に入らないし、何か別の形で謝罪の気持ちを伝えるしか方法はありません。

せめて明日ママ友にもう一度直接謝り、何かできることはないか相談しよう、と考えながら眠りにつきました。

するとその夜の深夜1時過ぎ、ママ友からメールの着信。

「あれから折れた部分を眺めていたら悲しくてまだ涙が止まらないの。弁償してくれない?」

まさかの返事でした。

結局、完全に納得したわけではないけれど、損害保険に入っていたのでママ友の指定した金額で弁償することに。

その後もそのママ友は何事もなかったかのように接してきましたが、どうしても彼女に対する不信感が拭えませんでした。

私の心の狭さも反省すべき点なのですが、私からそのママ友とは距離を置き疎遠になっていきました。

16年以上たった今でも夜中のメール着信があるとドキッとします。

関連の体験記:コロナ禍に手作りオヤツやシャボン玉は怖い...。「喜ぶ顔が見たい」ママ友のピュアな暴走どうすれば?
関連の体験記:LINEを放置したら今度はポエム!? 幼稚園で「自主的ぼっち」を選んだ私が粘着ママに絡まれた!
関連の体験記:子どもの送迎を連日頼んできたママ友。「仕事がある」は嘘で、本当はまさかの理由!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

全体的に投稿者さんがわたしや子供が悪者にされて弁償させられた、という気持ちが溢れていますね。 うちの子が一方的に悪いわけでもないけれど、壊れてしまったことは事実。って目の前で見ていなかったからと自分に責任がないとかそこにいた奥さんが何とかしないからとか思っているでしょう。そんな人に友達として接してくれたその方、凄いと思う。 思い出の品に修理代を負担したところで元には戻りませんよね。旦那様に物凄く叱られて離婚の危機になんてこともあったかもしれない。そういう相手の気持や起こるかもしれない事を少しでも考えることができたらこんな心無い文章にはならないと思うな。
口先だけの謝罪だったんですね。色々言ってるけど結局のところは。 保険にはいっていなければお金もだしたくないご様子。反省なんてする気なさそう。 この投稿を読むとそんな印象だけど、そんなところに大切なものをだして小さい子供を遊ばせてそこにいたママ友が悪いよねー、って意見を待っているの?子供持つ身でそんな風には考えられない。
子供さんのお誕生日を機に昔のことを思い出したりして成長をしみじみ、で弁償させられたことを悔しがっているんですかね。 思い出の品は戻らなくてもお付き合いを続ける事を選択してくれたママ友が可哀想。
理不尽とも言い切れないですよね? 半分は投稿者の責任だし。 謝り倒すだけじゃなく、その場で半額弁償させてと、申し出ればよかったんじゃないですか? ってか投稿者の子供だけが悪いわけじゃないのに、ママ友が指定した金額で損害保険出たんですか? そんな都合のいい保険あるのかなぁ? ママ友が半額の金額を指定したならわかるけど。 投稿者が理不尽と憤るのは、全責任を負わされたからだろうなと思いました。 疎遠にして正解ですね。
状況を確認して、値段も調べて、両家の旦那さんを含めて協議するほうが良かったかもね。
どうしたらいいか、じゃないですよね。言われなければ修理だの弁償だの考えもしなさそう。信じられない。その場で、私も悪かったし、と言ってくれたお友達は何も間違っていないと思う。 ここで反省すべきなんて言ったところでする気ないというかできないでしょうね。
値段はどうあれ、よそ宅の家のものを壊したら「ごめんなさい。いくらした?弁償するから教えて」とか言いません?グラスがあることに気づいてから壊れるまで時間ありましたよね?その間に「そのグラスがある方には近づいてはいけない」「走ったり暴れたりする遊びはしてはいけない」と注意することも出来たのでは?監督不行届ですよ。もし自分のご自宅で思い出の品を友人の子供とはいえ壊されたらどうです?記事読んだ限り弁償したくなかったといい気持ちしか見れません。向こうが被害者なのにこちらが被害者のような思い込みはどうなのでしょう。
本当に投稿者の価値観を疑う。ガラスを家に飾るかどうかは、お友達の家なんだからその方の自由。いろいろ装飾に凝っているお家に行くんだから、その方の水準に合わせて緊張感を持って伺うのが当たり前。自分の価値観を最後まで押し付けていて、とても気持ちが悪くなる。そのお友達の方がトラウマになっただろうし、お家にお招きする相手を選べば良かったと思っていると思う。
ご自分でも自覚がお有りな様で心が狭いはホントにおっしゃる通りですね。と言うかとりあえず謝っただけなんでしょ?夜中にメールがとか、自分の子だけが悪くないとか呆れます。どんな事情があったとしてもご自分でも何か謝罪をしたいと言いつつ弁償と言われ自分の思いとは違った金銭要求に納得できなかったからモヤモヤされたんですよね?離席後又はお邪魔した時に万が一にも子どもが何かするかもしれないと片付けてもらうようお願いするとか一言あなたが言っていたらそれを相手が聞かなかった後のハプニングなら相手も助言されたのに自分のミスと思ったかもしれませんよね。帰宅したご主人が悲しんだ事によって相手の方のショックが増したのかもしれないし、そんな所に置いた事を叱られたかもしれないし、あなた同様今後もママ友としてお付き合いがあるからその場では言えなかった等、相手を慮る気持ちがあれば真摯に受け止められるのではないですか?単純な事ですが相手の気持ち考えられた方が良いと思います。あなたの考えが正義では無いのですから。
こういう時はあなたは悪くないのよ、って祖父母やご両親に教わって育てられたの? 心の基本に相手への優しさがあればこんな文章にはならないと思う。 ママ友さん家族はその時だけでなく今までの思い出にも嫌な思いがついて回るしこれから結婚記念日を迎えるたびに心が痛むと思う。 その場で子供さん達に怒鳴りつけたり泣き崩れたりしなかったその方は相手のことを考えることができる人なのでは。ショックが大きすぎてどんな言葉も出てこなかったのかもしれないけれど。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP