「あ~!」大音量のあくびが家中に響き渡る...! 家族を寝不足にする義母の「巨大な生活音」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きたいしない
性別:女
年齢:44
プロフィール:結婚して十数年。義母と同居しています。

7.jpg

義母と同居して十数年になります。

マイペースな義母は、周りの目をあまり気にしません。

しかし、逆に私はどちらかというと神経質な性格。義母のマイペースさにイライラすることもしばしばです。

ただ、同居には我慢も必要なのである程度のこと。多少のことは見て見ぬふりをしています。これはきっとマイペースな義母でもそうだと思います。

家事は分担していて、義母はキッチンやお風呂の掃除をやってくれるのですが、キッチンはシンクの中だけ、お風呂は浴槽の中だけといった具合で、コンロまわりや洗面スペースなどその他の部分は掃除をしません。

掃除をしてくれるだけありがたいと思い、義母の後に私が仕上げをしています。

料理も、義母は買ってきたばかりの食材しか使わず、前回の料理で使った食材は一切使わないので、私は「残り物食材」の料理担当です。

でも、いいんです。やってくれるだけでもとても有り難い!

そりゃあ、水回りの掃除だって2度手間だし、たまにはきちんとやってほしいなぁとか、料理だって、食材を使い切ってほしいなぁとか思いますが、やれる人がやればいい!

しかし!! 見て見ぬふりをできないこともあります。

それは......義母の「生活音の大きさ」です。

テレビの音量、足音、独り言...これらの生活音が人一倍? いや、二倍くらい大きく、睡眠にも影響が出るほど。毎日ぐっすり眠れないので、昼間の仕事にも集中できなくなっています。

それだけではありません。なんと、「あくびの声」まで大きく聞こえます。

私の「気にしすぎ」なのかと思いましたが、先日小学生の息子がつぶやきました。

「おばあちゃんのあくび、ここまで聞こえる。うるさい」

義母の寝室は1階で、私たちの寝室は2階です。

位置は義母の寝室の真上ではなく、少しずれており、しかもエアコンを入れる時期なので、扉も窓も閉めきっています。それなのに...かなり大きく聞こえるのです。

「あ~」「あ~あ」

あくびのバリエーションも多数。あくびだけでなく、「明日はぁ~、○○に行って、あっ! 忘れてた、××しないとっ」など独り言が混じることも。

電話の声も大きい大きい。誰と何を話しているのかが丸わかりです。夜も遅いときなどは、もう少し気を付けてほしいのですが......。

義母は夜中にトイレに頻繁に行くのですが、トイレに行くのはいいとして、足音が大きすぎてまるで象が家の中にいるよう。

ある日は朝方の4時に「ドスン、ドスン、ドスン、ドスン...」。

その後「ママ......」と小学生の息子が起きてきて「足音がうるさくて、目が覚めちゃった。」と。

それが1回だけではなく、何度もあります。

息子も私も義母が立てる騒音のせいで寝不足の日々......。ああ、たまにはぐっすり眠りたい......と思う、今日この頃なのです。

関連記事:お庭は素敵なのに、家の中はゴミ屋敷寸前! お義母さん、その労力を片づけに回しては?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP