子育てを終えた夫婦のそれぞれ、人生の時間の使い方はどうあるべき?

家族のこと、人間関係、これからの生き方...。一人では解決できないお悩みに、専門家がアドバイスします!

今回のお悩み

ペンネーム:こみく母
性別:女
年齢:59
プロフィール:子育てが一段落した主婦です。老後は夫との時間だけでなく自分の時間を大切したいと考えています。

pixta_25907942_S.jpg

私が夫と出会ったのは20歳の時。出会ってすぐに付き合いが始まったので、付き合いから数えると約40年夫と時間を共に過ごしてきました。
夫は少し束縛が強いタイプで、特に結婚してからは「私自身の時間」というものを考えてくれる人ではありませんでした。ただ、私自身も結婚した翌年には出産、数年後には第二子も生まれ家事と育児であまり余裕がない状態でしたので、自分の時間が持てないのは当然と当時は感じていました。子どもが大きくなってからも学校行事などで係や役員など任されることが多く、なかなか自分自身の時間を見つけることができないまま、子どもたちは高校生になりました。

子どもたちの成長にしたがって考えるのは老後の生活です。一般的には、子育てを終えた夫婦は、夫婦水入らずの時間を大切にするのかもしれません。しかし、私は「自分自身の時間が欲しい」と強く思うようになっていました。我が家は家族の時間重視で、子どもたちも反抗期という反抗期がなく、高校生になっても家族で出かけることや旅行も嫌がらずについてきてくれていました。そのため、我が家の休日は家族デーとなり、自分の時間どころではありませんでした。

そして現在、ついに子どもたちが社会人となり、実家を出て独り立ちしました。もちろん夫のことは好きなので、夫婦水入らずの時間も大切にしたいのですが、どうしても自分自身の時間も大切にしたいと思ってしまうのです。自分の好きなときに友達と出かけたり、実家の母や兄弟に会いに行ったり、時間を気にせずのんびり過ごしたいです。しかし、何十年も家族で過ごしていた休日の過ごし方をどのように変えていけばいいのかわかりません。夫は子どもがいない今でも「次の休日はここに行こうか」と楽しそうにしています。夫と出かけることは楽しいのですが、そんな楽しそうにしている夫にどのようにこの気持ちを切り出せばいいのかモヤモヤしています。

専門家のアドバイス

お互いを尊重しあえる存在になるために

今まであなたは家族、夫婦の時間をずっと大切にしてこられたのですね。そして、ご自身の気持ちはいつも横に置いてこられたのでしょう。だからこそ、自分自身の時間を大切にしたいと思う気持ちは当然のことだと思います。お互いを大切に思うなら尚更、その気持ちを伝えることは大切です。たとえば、お子さんも独り立ちされたということで、家族デーがなくなった分、月に何日か「休日デー」を設ける提案をしてみてはいかがでしょうか。その日は、お互い、自分の好きな時間に、好きなことをする。帰宅時間だけは決め、それまではお互いに緊急時以外連絡はしないなどのルールも決めておくと、気兼ねなく自分の時間を満喫することができるでしょう。また、このような日を設けることで、お互いを尊重でき、更に、夫婦で出かける日が特別になるのではないでしょうか。

<教えてくれた人>

白蓮千沙(はくれん・ちさ) 1977年生まれ。日本プロカウンセリング協会1級心理カウンセラー。有保育士免許。

※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。

※記事に使用している画像はイメージです。

 

コメント一覧

私も結婚が早く10代で結婚そして出産、20代半ばで二人目の出産、家事と仕事、育児に追われ自分の時間などありませんでした。主人は家庭を大事にする人ではなく飲み会、麻雀など自分の時間を楽しんでいました。ようやく私も子供二人を育て二人の孫も小学高学年になり自分の時間がもてるようになりました。でも最近、今まで遊び歩いていた主人が仕事が終わるとまっすぐ家に帰って来る真面目人間に!何で今さらって感じです。なので今は自分だけの時間じゃなく主人と二人の時間を楽しんでいます。私も50代半ばになりこれでいいのか不安になります。もう少し外部との繋がりを楽しんでいかないとダメだなって思うのですが正直その一歩が踏み出せないでいます。
私は、母を20歳の時に亡くしたので結婚は30歳になり、出産からも逃げて初産は34歳でした。 なので、今52歳でも子供はまだ18歳の大学生で夫婦共に、まだまだ働き続ける毎日です。友達は早くに結婚、出産したので孫がどんどん産まれて、あっちこっち大変そうです。早く子供が自立すれば、夫婦の時間も長くなりますから、お互いの時間を束縛しないようにするのが息がつまらず良いのではないでしょうか。 私は、子供が就職するまでは頑張って働き、結婚して孫が出来るまでは自由に旅行に行ったり、友達と付き合っていけたらと願っています。主人は、自分の趣味を貫いて行くのでたぶん別行動です。 お互いやりたいように自由に生活できたら一番幸せではないでしょうか。
少しずつ始めてみてはいかがでしょう? 例えば、若い頃好きだったアーティストのライブに行ってみるとか。私がライブに行った時の隣の席の子育て終わり自由になれたと言う婦人が、興味あるいろんな方のライブに行ってますとイキイキと語られてました。 私も子育て中に諦めていたライブに、年に一度の楽しみで行ってます。 展示会とか、ご近所の公民館などのサークルをのぞいてみたり、お試し参加したりも。 なにかしら見つかるといいですね。
子供たちも独立して年金を貰える日々を楽しみにして結婚して40年間 自営業の主人を ささえてきました。厚生年金で私は扶養の立場でした。いざ年金を貰えるようになったらギャンブルにはまって生活費は入れません。いくら説明しても年金は俺のだと主張するばかりで離婚したい位です。でも今さらと思ったり、どうしたらいいのか、迷っています。
離婚したほうがいいのでは? 今は年金を分割できますよね? 生活費入れないのは立派な経済DVですよ。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.09.21
多分タマちゃんさんの書き間違いです、自営業では厚生年金(特別に切り替えてない限りは?)じゃなくて国民年金で別々になってると思う。会社勤めしてなくて厚生年金の部分が無いなら分配も無いです、、扶養の立場だったと言うのがよくわからないのですが国民年金はまとめて世帯主が払うから自分は払って無かったということなのかな。何にせよギャンブル癖は治らないから、早めに今ある財産分けて離婚か保険掛けて自分の生活費確保して我慢か、愛情次第?
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.09.21
ごめんなさい!飲食以外で5人以上なら厚生年金は強制でした

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

PAGE TOP