スムーズに言葉が出てこない82歳の母にイラッとして、つい言葉が強くなってしまい.../お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「なかなか言葉が出てこない高齢の母にイライラ...」というお悩みに、臨床心理カウンセラーの栃木かおりさんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_40718360_S.jpg

【お悩み】

なかなか言葉が出てこない母にイラッとしてしまう

私の母は82歳です。

最近特に動きが鈍くなったような気がします。

話すこともスムーズにはいかず、なかなか言葉が出てきません。

何を話したいのか分かるときは、私から「トマトがいい?」などと話しかけますが、分からないときはイライラして「○○さんのこと?」「昨日は○○だったよ!」などと強めに言葉をかけてしまいます。

やりとりがどんどん難しくなっています。

福岡県 H・Mさん(61歳)


【おこたえ】
あなたの言葉をちゃんと待っていますよ、という沈黙の時間も会話の一つ

まず5秒、沈黙してください。

どう感じたでしょうか?

会話中、沈黙が怖いと感じる人は、3秒の沈黙でも長い!と気が焦りますし、サービス精神旺盛な人は、何か話さなきゃ、とつい言葉を発して沈黙を破ろうとします。

ですが、何かを話そうとし、考え、思いをめぐらせている人にとっては、30秒の沈黙も長くは感じないものなのです。

まず、沈黙の時間も大切なことを知っておいてください。

また言葉を探しているとき、相手から言葉をかけられることで混乱し、さらに沈黙が長引くこともあります。

お母さんは何を言おうとしているんだろう?と思いを寄せながら待つ沈黙の時間も含めて会話なのです。

もちろん、助け舟を出す意味で先に言葉をかけることが必要な場合もありますが、まずは待ってみることで、お母様は安心して考え、言葉をつむぎだすことができると思います。

●栃木さおりさん(臨床心理カウンセラー)

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

栃木さおりさん
臨床心理カウンセラー。専門は「傾聴」。

この記事は『毎日が発見』2020年5月号に掲載の情報です。

コメント一覧

82歳の人間の体や脳について、調べてみたことありますか? 娘にとっての親はいつまでも元気なままのイメージだと思いますが、あなたご自身10年20年前の自分を思い出してみて体力、記憶力どうですか? 今のお母さんは20年後のあなたの姿かもしれません。 『老い』について、勉強しましょう。少しずつ理解できれば、あなた自身もきっと少しは楽になりますよ。
私も84歳になる実母が実家にいます。近年耳も聴こえにくくなり、中々会話も成り立つときやら、時間差がいるときもあり苛立ちからきつく言ってしまって自己嫌悪に陥る事もしばしばです。 歳をとることってこういうことかなと実感しています。 歳をとると子供に還るとよく言われますが、時間がかかることも多くなってくるので待ってあげるのも大切ですね。 兄妹との関係や義理の姉との関係も何もない時は円満なのですが、状況がややこしくなってくると、責任の擦りつけ合いみたいになるので、なるべく穏便に済ませたいとは思います。 自身も50代から60代になると健康不安もあるので今のうちに身辺の整理を始めたり、住環境の整備なども視野に入れて生活しないといけないなぁと実感する日々です。 色々大変かと思いますが、お互い頑張りましょう。 常に冷静に考えて行動することが大切だと思います。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP