78歳、巷で言われているような「片付け」や「終活」など、やりたくありません。/お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「片付け、終活など やりたくない」というお悩みに、マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事の荻野淳也さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_57796893_S.jpg

【お悩み】

片付け、終活などやりたくありません

巷のテレビや雑誌などでは、断捨離だの、片付けだの、終活だのと、整理しろ、身軽になれといろいろ言われますが、正直、片付けたくありません。

先を考えず暮らしたいものです。

それでも片付ける必要がありますでしょうか。

実際家の中はどうかというと、散らかっているわけでもないですし、スッキリしているわけでもありませんので、必要あるともないとも言えない状態です。

子どもに頼む気もないですし、いま、自分でなんとかしようとも思いません。

千葉県 M・Mさん(78歳)


【おこたえ】

いまここに生きる。それで十分ならば良いでしょう

片付けせず、先を考えず暮らしたいということであれば、それで良いのではないでしょうか。

いまの生活に満足して、心豊かな幸せを毎日感じているのであれば...。

「いまここに生きること」は、世界的に注目されていることです。

未来を案ずることから、心配や恐れは湧いてきます。

過去を後悔することから、執着は生まれます。

先を考えず、ということは、そうした心配、恐れに囚われない生き方とも言えます。

禅に「調身調息調心」という言葉があります。

姿勢を調(ととの)えると息が調う、息が調うと心が調う、という教えです。

断捨離は、心を調える教えでもあります。

いまが心穏やかに十分幸せに生活されているようであれば、片付けの必要はないかもしれません。

もし、そうでなければ、試してもいいかもしれませんね。

荻野淳也さん(マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事)

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

荻野淳也さん
マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事。専門は「心の安定」。

この記事は『毎日が発見』2020年7月号に掲載の情報です。

コメント一覧

貴女はそれでいいかもしれないしだけど後に残されたものは大変な思いをするんですよ‼️分かりませんか?
私も同意見です。 私自身、子供達に迷惑がかからないようにと 50代ですが 始めています。
この方は一度も遺産整理や遺品整理をした事が無い方でしょうね。 時間もお金も掛かりますよ。 遺族に負担になるのが分かっていたら、今打てる手を打っておく、と言うのが4人分の遺品整理をした私の感想です。
私も断捨離、終活ウンザリ派です。途方もない遺品は論外ですが多少迷惑をかけても良いのではないでしょうか。 親の遺品に思いをはせるのも良いのではないでしょうか。 私は本がどんどんたまるので子供に、後が大変だろうからもうなるべく買わないねと言いましたら、死んだらポンポン捨ててあげるから心配せずに買ったらいいよと言われ優しい言葉だなと感じました。 でもつまりは親子の関係や後始末をきっちりしないと気が済まないという性格の人もいるってことで一律には言えないことでしょうね。 ただ、残された人にさっぱりわからない手続きなどは始末しておくべきと思います。
元気だから言える言葉ですね〜 身体が効かなってからではちょっとした物で転倒が起こったり介護認定受けるのに手すりをつけたりとその時の断捨離では有無も言えず捨てるしかなくなる事を良く直面します。 残されたご家族は全て処分するのに数十万円から100万円を超える金額をゴミにお金を払っています。 私は両親にゴミにお金かけたくないから少しずつ減らして下さいとお願いしてます。 なんでも出来るのは元気なうちですよ〜
私も元気だからそんな事が言えると思います。 人は誰も先の事は分かりません。 生きたいと思っても生きることが出来ない。 死にたくても死ねない。 性格も人それぞれ…… ゆっくりとある時間も長いわけではありません。 相手の立場にたって考えることも大切ではないでしょうか?
広さと物の量ではないでしょうか?広ければスッキリ見えても結構な量になりますし…狭ければ片付ける範囲も小さくて済みますしね。私自身は介護しながら、義母の家を丸一年かけて片付けました。収納を考える時間を加えると更に時間が掛かります。義母は約2年前に施設に行きましたが、在宅介護の時は、ケアマネさん等来られる事で必死でした。とても立派な日本家屋に物が溢れ家中埃のない所が無く…顔が痒くなり皮膚科にまで通いました。個人的に子供には少なくとも、片付け埃で皮膚科に通わせる様な事はしたく無いと思い、物を厳選している最中です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP