30年続けてきた「介護職」。仕事は楽しいけれど、ギクシャクした人間関係がしんどい.../お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「仕事は楽しいが、上司を含め人間関係が...」というお悩みに、作家、合気道家の三枝龍生さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_60854846_S.jpg

【お悩み】
仕事は楽しい。でも人間関係が難しい。辞める? 辞めない?

介護職を30年やってます。

定年後、非常勤でグループホームの生活支援員、さらに別のグループホームをかけもちし1年たった今年の4月、管理者との面談時、私の仕事が早過ぎる、言葉がキツい、申し訳ないができない人に合わせてくれないか、と言われました。

耳を疑う言葉でした。

初心者に合わせてゆっくりやっていたし、恐らく、優しく言っても指示であれば相手は言われた!と思うのでしょう。

言葉に気を付けると答えたものの、落ち着いてじっくり考えるとやはり納得がいかず、私はいらないのでは?と告げ辞めようと思った次の日、管理者、事務長、施設長等に呼ばれ、昨日言ったことはなかったことにしてほしい、いままで通り、気付いたことは言ってくれたらと...。

考えますと答えた翌日からコロナでグループホームは閉鎖。

24時間体制になり人手不足で月3~4日の休みもなくなり3カ月が過ぎました。

仲の良い職員もいますが、私をけむたがる職員もいます。

人間関係はギクシャクしていますが、入所者さんは私がいちばんお風呂に入れるのがうまいと言ってくれ、トイレ介助の指名も多く、仕事は楽しいんです。

これからどうしようかと悩みます。

京都府 I・Mさん(63 歳)


【おこたえ】
仕事や人間関係に発生する縁というものを大切に

儂からバッサリ、その仕事、辞めなさい!と言ってあげたいところですが、人間同士ばかりか、仕事にも縁が発生いたします。

相談者の方には、この仕事のご縁があると強く感じます。

ただ環境はいいとは言えず、また、上司に恵まれているとも言えませんが、残念ながら、福祉関係においては極めて普通な日本の現状です。

しかし、入所者さんからは正当に評価を受けていらっしゃいます。

そこで提案ですが、期限を決め、明年の3月までは頑張ってみてはいかがでしょう。

いま辞めてもさらにいい職場につくという流れではないと感じました。

職場にいらっしゃればいらっしゃるほど、信用と実績を積めそうです。

ぜひ、明年3月まで頑張った上で、再度、決意されることを強くおすすめ申します。

●三枝龍生さん(作家、合気道家

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

三枝龍生さん
作家、合気道家。専門は「人との距離感」。

この記事は『毎日が発見』2020年10月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP