洗い方は?活用法は? ストール&帽子の知って得する豆知識/ストール&帽子

日差しよけはもちろん、オシャレ度をアップする小物として夏に大活躍のストール&帽子。実用的に着るだけでなく、この夏はオシャレな組み合わせで日常着を「素敵」にアレンジして涼しく遊んでみましょう!

カラフル&大柄ストールやお手持ちの帽子を使ったコーデを、スタイリストのナカイマサコさんに伺いました。

前の記事「涼感もスタイルアップも叶います。ストール×帽子で日常着をオシャレに/ストール&帽子(3)」はこちら。

 
ナカイマサコのストール&帽子講座

1807p035_Nakai.jpg


Q 使わなくなったストールの使用方法を教えてください

サイズが大き過ぎる、柄が派手過ぎるなど、家で眠っているストールありせんか? シンプルなバッグの持ち手に巻くだけで、いつものバッグがオシャレになりますよ。持ち手全体に巻いたり、リボン結びにしてアクセントを付けて、遊んでみましょう。

1807p042_01.jpg

1807p042_02.jpg

外で使っていたストールを、室内などでしまう際に巻きつけておくことのもおすすめです。まずは小さめのストールで挑戦してみましょう。

バッグ(水色、白)2,490円+税/FOREVER 21

 

 
Q 使い終わってからのストールのしまい方ってありますか?

生地によりますが、洗濯してハンガー干しが1番です。
汗でぬれてしまったストールを、そのまましまうのは抵抗があります。最近の夏ストールは速乾ドライの素材も増えていますので、干してからしまうか、洗濯しましょう。

1807p042_03.jpg

シワになりやすい素材のものは、垂らした状態で干すと、次に使うときにシワが気になりにくいです。

 

 

Q 汗で濡れた帽子はどのようにしまったらいいでしょうか?

最近では洗える素材の帽子も増えていますが、とにかく陰干しが一番効果的です。汗をそのままにしておくと、帽子ににおいがついてしまうので、必ず干す習慣をつけましょう。

1807p042_04.jpg

挟むタイプのハンガーがない場合は、床置きで干しましょう。型崩れが心配なものも床置きがいいです。

 

取材・文/栗山春香 スタイリング/ナカイマサコ 撮影/楠本隆貴(will creative)

この記事は『毎日が発見』2018年7月号に掲載の情報です。
PAGE TOP