子どものIQにも関わってくる!? 「絵本の読み聞かせ」の効果とは?/絵本の読み方 選び方

コロナ禍以降、子どもと過ごす時間が増えている方が多いのではないでしょうか。そこで、絵本の読み方や選び方、読み聞かせの効果などについて理解を深めて、子どもと充実した時間を過ごしませんか? 書籍「子どもの脳と心がぐんぐん育つ 絵本の読み方 選び方」(パイ インターナショナル)から、子どもに絵本をもっと読んであげたくなる豆知識を紹介します。

※本記事は仲宗根 敦子著の書籍『子どもの脳と心がぐんぐん育つ 絵本の読み方 選び方』から一部抜粋・編集しました。

pixta_43776146_S.jpg

絵本が子どものIQを上げる理由

ほとんどのママたちは、子どもに絵本を楽しんでもらいたいと願っていると思いますが、「子どもが絵本に集中しません」「子どもが絵本に興味を示しません」という声をよく耳にします。

ところが、読み方のポイントを変えるだけで「絵本に集中するようになった」「親子で絵本を楽しめるようになった」「親がびっくりするような表現をするようになった」「言葉で自分の気持ちをしっかりと伝えてくれる」という嬉しい声をいただいています。

絵本に親しむことで、親子のコミュニケーションがとれるだけでなく、自然に子どものIQが上がるのです。

それなら毎日、絵本を読みたくなり、もっと日常に絵本を取り入れていきたくなりますよね。

IQとは知能検査の結果を数値で表したものです。

平均を「100」という数字にして、その数字より高いか否か、を確認します。

幼少期にIQ121以上になると、知覚、随意運動、思考、推理、記憶など、脳の高次機能を司る大脳新皮質(※)が厚くなり、高いIQが継続して育まれていく可能性が高くなります。

では、IQが高いとはどのような人でしょうか?

IQが高い人は「抽象的な思考」ができる人とも言えます。

抽象的の反対は具体的です。

まずスポーツの例で説明してみますね。

例えばサッカーや野球、バレーボール、卓球、バスケットボール、このように、具体的なものには一つひとつ固有の名前がついています。

これに対し、抽象度が上がるということは、具体的なものをグループ化して共通点を見つけ出すということです。

サッカー、野球などの球技の共通点は球を使うことなので「球技」のグループにまとめられます。

このようなグループはほかに、「陸上(競技)」(=足や手を使う)、「水泳」(=水の中を泳ぐ)があります。

グループの共通点を見つけ、さらにまとめる(=抽象度が高くなる)と、「運動/スポーツ」となります。

このようにあるものの共通点を見出し、グループ化する(=まとめあげる)能力を抽象能力と言います。

一般的にこの能力が高いと「頭がいい」と言われます。

それでは、次に抽象思考について見てみましょう。

抽象思考とは、物事を高い視点から見ることができる思考のことです。

サッカーを例にします。

自分の視点だと、ちゃんと走れるか、ボールを思ったところに蹴ることができるか、などの思考となります。

一つ高い視点ですと、相手をドリブルで抜く時、相手の動きを見極め逆方向に動くなど、相手を中心とした思考をします。

さらにもう一つ高い視点から物事を見ると、フィールド全体を上空から見るような目を持ち、どこにパスを出したら効果的なのかを俯瞰して、チーム全体でゴールを決める思考をします。

次に算数に当てはめて考えてみます。

例えば、

A.かけ算を速く解くこと。

B.方程式を解くこと。

A・B において、抽象度の高さを比べた場合、どちらの方が抽象度は高いと言えるでしょうか?

答えは、Bです。

限られた範囲を何度も何度も繰り返す勉強で、基礎学力を定着させるには、Aの力を養う勉強法が役に立つのですが、この勉強法に留まっていては、抽象度は上がらないのです。

視点を高く持つことは、幼少期でも絵本から学べます。

子どもは、みんな最初は「自分が中心」で、自己中心的な考え方しかできません。

絵本から言葉を理解するようになり、そして様々なストーリーから他者の存在を認知し、他者の気持ちや背景を思考することができるようになるのです。

いつまでも「自分さえ良ければ」と自己中心的な思考しかできないと、学校などの社会生活においても人と良いコミュニケーションをとることができません。

子どもはみんな個性や才能を持っています。

それを生かすためには、全体の中の個を俯瞰して見られる抽象的な思考(高い視点)が大切になります。

【まとめ】

幼少期にIQ121になると、高いIQが継続して育まれていく。

読み聞かせの刺激が大脳新皮質を厚くし、IQを高くする。

絵本を読み「視点を高く」することでIQが高い人特有の、抽象思考が身につく。

 

仲宗根 敦子

絵本の読み聞かせ方を指導する一般財団法人「絵本未来創造機構」代表理事。 絵本講座以外に文章講座、夢を叶える講座などを主催し、教育機関や公立図書館等での講演を行う。絵本読み聞かせのプロフェッショナルとして、同機構の認定講師約800人が国内外で活躍している。

shoei.jpg

子どもの脳と心がぐんぐん育つ 絵本の読み方 選び方

仲宗根 敦子/パイ インターナショナル)

毎日たったの10分! 4万人の体験者が実感! 絵本を読み聞かせるだけで、子どもの脳と心がぐんぐんと育ち、親子で自己肯定感が上がる魔法のメソッド。日本を代表する脳神経外科医である篠浦伸禎先生監修のもと、脳科学的な観点からの読み聞かせの効果や、子どもやお母さんにおすすめの絵本も紹介しています。

▶Amazon(単行本)
▶楽天ブックス(単行本)

※この記事は『子どもの脳と心がぐんぐん育つ 絵本の読み方 選び方』(仲宗根 敦子 (著) 篠浦 伸禎 (監修)/パイ インターナショナル)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP