お鍋の季節に大活躍! しょうゆ代わりに使えば減塩にもなる「レモンぽん酢」を国産レモンで手作り

早いものでは9月頃から収穫が始まりますが、国産レモンの旬はこれから3月頃まで。まさに本番です。国産のレモンは、ポストハーベストを気にすることなく安心してレモン酢などに、皮ごと使えます。皮に多い特有の成分も健康に役立てたいものです。今回は、管理栄養士で料理研究家の村上祥子さんに「『レモンぽん酢』の作り方とアレンジレシピ」を教えてもらいました。

【前回】代謝を促進! 美肌にも♪ 国産レモンを皮ごと漬ける「レモン酢」の作り方とアレンジレシピ

レモンぽん酢

これからの季節、お鍋に手作りぽん酢が大活躍します。

2110_P026_04.jpg

大さじ1あたり25kcal/塩分1.2g

材料(できあがり195ml分)
国産レモンの搾り汁...大さじ3(1個分)
みりん...大さじ3
しょうゆ...大さじ4
かつおだし...大さじ3

●かつおだしの作り方
(A)水...大さじ4
(A)削りがつお...小1/2パック(2~3g)
※耐熱容器に(A)を入れてラップをかけないで電子レンジ600Wで30秒加熱する。取り出して茶こしでこし、大さじ3を取り分ける。

2110_P026_01_W500.jpg

作り方
(1)耐熱瓶に材料を全て入れる。

2110_P026_02_W500.jpg

(2)ラップはしないで電子レンジ600Wで30秒加熱する。冷めたらできあがり。

2110_P026_03_W500.jpg

●冷蔵で1カ月保存できる。
お鍋だけでなく炒め物やしょうゆの代わりに使うと減塩に。

※保存容器は清潔で完全に乾いたものを利用する。

※保存期間は目安です。保存状態などにより異なる場合もありますのでご注意ください。

牛肉のレモンぽん酢炒め

2110_P026_05.jpg1人分218kcal/塩分2.3g

材料(2人分)
牛もも薄切り肉...200g
オリーブ油...小さじ2
レモンぽん酢...大さじ3
大根おろし...50g
貝割れ菜...1/2パック

作り方
(1)貝割れ菜は根を落とし、長さを3等分し、大根おろしと混ぜる。

(2)牛肉は広げて6×6cmに切る。

(3)フライパンを温め、オリーブ油を入れ、(2) を並べ、強火で炒めて火が通ったら、取り出す。レモンぽん酢を入れて煮立たせ、牛肉を戻し、ひと煮して火を止める。

(4)器に肉をのせ、フライパンに残ったたれをかけ、(1)を添える。

取材・文/石井美佐 撮影/スタジオCOM(中野正景)

 

<教えてくれた人>

管理栄養士 料理研究家
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2021年11月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP