「あははは。うける。もっと・・・」大好きなあの人に好かれる魔法のキーワード

「どんな風に話すかで人生は変わる」と言うのは、全国で多数の講演を行う人材育成のプロ・永松茂久さん。そんな永松さんが会話のノウハウをまとめた著書『人は話し方が9割』(すばる舎)から、「好印象を与える会話のコツ」を抜粋してお届けします。

会話12.jpg

大好きなあの人と話す時、つい力んでしまうあなたへ

「あこがれのあの人と話せる!嬉しい」

「この人ともっと仲良くなりたい」

「次回、お会いしてぜひ色々話を聞かせてほしい」

そう思った瞬間に力が入ってしまい、思っていることの半分も話せなかった......

あるいは、どうでもいいことばかり話してしまって、肝心なことをお伝えできなかった......。

そんな経験はありませんか?

私もリラックスしている相手の時は、それほど力まず話ができ、ナチュラルないい関係を築けます。

しかし、自分の中で特別だと思っている相手には、つい力が入りすぎて、必要以上に話しすぎてしまいます。

そんな時は、頭の中にあった話法など、どこかに飛んでしまっていて後悔しながら家路についたという経験が、何度もありました。

そこであなたには私のような失敗がないように、魔法のキーワードを2つご紹介します。

女性にかけると効果てきめんのキラーワード2つ

(ビジネス関係の場合)「あははは。それは面白いですね!それでどうなったんですか♪?」

(友人や恋人などの場合)「あははは。うける。もっと聞かせてよ」の2つです。

ビジネスパートナー、友人関係や恋人、夫婦......。

あなたにも色んな人間関係があると思いますが、どんなつながりにおいても、この2つの言葉はまさに万能で効果てきめん、会話がどんどん広がっていきます。

ですので、今すぐにでも近くにいる大切な人に試してほしい、そしてその効果を実感してほしい。

心からそう思います。

ところで、なぜこの言葉がそれほど大切な人に有効なのでしょうか?

それは、原則である「人は誰もが自分のことをわかってくれる人を好きになる」を満たす言葉になっているからです。

人は、特に楽しい時、嬉しい時、その感動や喜びを周りの人に伝えたくなります。

その時にこのひと言をかけられることによって、「あっ、この人は私と一緒に喜んでくれる人なんだな」と、自分の感動をさらに倍増させていくのです。

「人は、笑わせてくれる人よりも、一緒に笑ってくれる人を好きになる」

このことを理解しておくと、自分がたくさんしゃべらなくても、流暢に話ができなくても、相手に気に入られようと無理にいい話をしなくても自然に好かれます。

そして、この2つは特に男性に覚えておいてほしいキーワードです。

なぜなら、女性は男性以上に共感してもらうことに喜びを感じるからです(もちろん個人差はあります)。

例えば、奥さん、パートナー、恋人に対して、もしあなたに話しすぎの感があるようなら、ぜひこのキーワードを使ってみてください。

併せてその時、表情、身振り手振り、〝「!」「♪」×10〞をつけると信じられないほどのパワーを発揮します。

ぜひ一度お試しください。

【最初から読む】「否定しない空間」を作れば誰でも上手に話せる

【まとめ読み】「人は話し方が9割」記事リストはこちら!

140-H1-b.jpg人を動かす、会いたいと思わせる、嫌われないなど37の会話のコツを全4章で解説しています

 

永松茂久(ながまつ・しげひさ)
大分県中津市生まれ。株式会社人財育成JAPAN代表取締役、永松塾主宰。全国で数多くの講演、セミナーを実施。2019年4月、東京に自社のセミナールームである「麻布『翔』ルーム」をオープン。著書には、『20代を無難に生きるな』『30代を無駄に生きるな』(きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など多数あり、累計発行部数は140万部を突破している。

140-H1-b.jpg

『人は話し方が9割』

(永松茂久/すばる舎)

ビジネスでもプライベートでも、会話なくして人間関係は成り立ちません。逆に言えば、会話がうまくいけば人間関係も仕事もうまくいきます。小手先の言葉のテクニックではなく、根本となる話し方を変えられる37の秘訣がまとめられた“2020年上半期で一番売れた会話の本”。これであなたのコミュニケーション能力は格段にアップします。

※この記事は『人は話し方が9割』(永松茂久/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP