名刺交換で好かれるテクニック「名前を知ったら、すぐに名前で相手を呼び始める」

「どんな風に話すかで人生は変わる」と言うのは、全国で多数の講演を行う人材育成のプロ・永松茂久さん。そんな永松さんが会話のノウハウをまとめた著書『人は話し方が9割』(すばる舎)から、「好印象を与える会話のコツ」を抜粋してお届けします。

はなしかた09.jpg

「肩書き」の前に「相手の名前」を覚える

初対面で名刺を交換した時、最初にどこを見るか――。

それによって、会話の弾み方やあなたの印象は変わります。

多くの人が、その人の会社の名前や肩書きに目を止めがちです。

しかし、最初に覚えてほしいのは、相手の会社でも肩書きでもなく、相手の名前です。

名前を起点にすると、初対面であっても会話が弾みやすいのです。

名前というものは、その人が生まれてからずっと共に生きてきたものです。

また、名前には、その人のご両親の思いが詰まっています。

ビジネスネームだとしても、その人自身が考え抜いてつけたもの。

思いが詰まっている点では変わりありません。

名刺とは、そんな大切な所有物を、一瞬で共有させてもらえる素晴らしいツールなのです。

相手の名前を繰り返し言うことで、頭にインプットする

まず大切なことは、初対面で名刺を受け取ったら、すぐにしまわないこと。

しまうとしても、相手の名前と字面をすべてインプットし、名前を起点に会話を広げてからにしましょう。

そしてもう1つ、うまくいく人は、初対面で名前を聞くと、すぐに相手の名前を呼び始めます。

例えば、こんな感じです。

「はじめまして。〇〇株式会社の田中と申します」

「はじめまして、〇〇(あなたの名前)と申します。田中さん、この会社の商品はよく使わせていただいています」

これはプライベートでも同じです。

例えばこんな感じです。

「はじめまして。野村千恵子と申します」

「よろしくお願いします。〇〇です。野村さんは普段お仲間さんからはなんて呼ばれているのですか?」

「よく『ちーさん』と呼ばれています」

「仲良くなりたいので、私も『ちーさん』と呼ばせてもらってもいいですか?」

このやりとりでは、自分が相手と仲良くしたいこと、そして仲間になりたいことをさらりと宣言しています。

「初対面でそこまで相手の懐に入るのはちょっと......」

と思われる方は、「野村さん」から始めてもかまいません。

つまり、ここで重要なことは、「名前を知ったら、すぐに名前で相手を呼び始めること」「できる限り相手の名前から会話を始めること」の2つです。

名前を覚える人は愛される

コミュニケーションの上手な人は、相手の名前を話の中にちりばめながら、相手との絶妙な距離感を作ることに長けています。

何度もお伝えしてきましたが、人は誰もが自分を一番大切に思っています。

その大切な自分の名前を頻繁に呼ばれると、自分自身が受け入れられた感じが伝わり、安心感や親近感を抱きやすいのです。

「名前から会話を広げる」

「名前を頻繁に呼ぶ」

相手の名前にフォーカスするのは、相手の存在そのものにフォーカスするのと同じことなのです。

いきなり面白い話や込み入った話などしなくても、相手の名前にフォーカスして話すだけで、初対面の相手とも一気に心理的距離を縮めることができます。

初対面で好印象を残した後は、2回目以降会った時に第一声で相手の名前を呼べば、あなたの好感度は飛躍的に上がります。

【最初から読む】「否定しない空間」を作れば誰でも上手に話せる

【まとめ読み】「人は話し方が9割」記事リストはこちら!

140-H1-b.jpg人を動かす、会いたいと思わせる、嫌われないなど37の会話のコツを全4章で解説しています

 

永松茂久(ながまつ・しげひさ)
大分県中津市生まれ。株式会社人財育成JAPAN代表取締役、永松塾主宰。全国で数多くの講演、セミナーを実施。2019年4月、東京に自社のセミナールームである「麻布『翔』ルーム」をオープン。著書には、『20代を無難に生きるな』『30代を無駄に生きるな』(きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など多数あり、累計発行部数は140万部を突破している。

140-H1-b.jpg

『人は話し方が9割』

(永松茂久/すばる舎)

ビジネスでもプライベートでも、会話なくして人間関係は成り立ちません。逆に言えば、会話がうまくいけば人間関係も仕事もうまくいきます。小手先の言葉のテクニックではなく、根本となる話し方を変えられる37の秘訣がまとめられた“2020年上半期で一番売れた会話の本”。これであなたのコミュニケーション能力は格段にアップします。

※この記事は『人は話し方が9割』(永松茂久/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP