レンジで簡単♪ 夏のお肌ケアにもぴったりな「ホットサラダ」レシピ

梅雨が明けると、暑い夏がやってきます。夏は紫外線や汗で肌へのダメージが深刻になりがちですよね。日傘や日焼け止めで対策はするとしても、やっぱり内側からのケアも欠かせません。

そこで気になったのが、この『3分クッキング』8月号の特集「なすの和おかず」に掲載されていた「なす、ハム、青じそのロール蒸し」。彩りもよく、花束みたいで見た目も綺麗...!

なすに含まれるナスニンやトマトに含まれるリコピン、βカロテンには抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の細胞を正常な状態に保ってくれます。肌に気を遣いたい夏にぴったりの栄養素がギュッと詰まっているのです。

そしてなんとこの「なす、ハム、青じそのロール蒸し」、レンチン調理でとっても簡単そう! 食卓の華としても活躍してくれそうなので、早速作ってみることにしました。

夏野菜たっぷりのホットサラダ♪
『なす、ハム、青じそのロール蒸し』

IMG_1208.JPG
材料(4人分)
なす......4個(約300g)
ハム......(ごく薄切り)......150g
トマト......1個
青じそ......12枚
●塩、オリーブ油

作り方
① なすはヘタを落として縦8等分に切り、塩水に10分ほどつけ、ペーパータオルにはさんで水気を押し絞る。両端の皮は長さを半分に切って細切り、ハムは半分に切り、トマトはごく薄い輪切りにし、ペーパータオルにのせる。

② なす2枚を少し重ねて縦長におき、ハム、トマトのそれぞれ1/12の量、青じそ1枚を並べ、①のなすの細切りの1/12の量を芯にして、手前からきゅっと巻く。これを12個作る。

③ 耐熱の器に立てて並べ、オリーブ油大さじ1をまわしかけ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)に10分かける。そのまま粗熱がとれるまでおく。

◇ ◇ ◇

なすもトマトもうまみが強い野菜なので、味付けが塩とオリーブオイルのみとは思えないしっかりとした味に仕上がっていました。

ハムの塩気と青じその爽やかさが味を引き締めてくれています。

恐らくどの食材が欠けても成り立たない、この組み合わせだからこその完成された味わい...!

この夏はおいしいものを楽しく食べながら、内側から体の調子を整えていきたいですね。

調理・文/水音(月乃雫)

【まとめ読み】3分クッキングのレシピ記事リスト

 
3分クッキング8月号表紙_200pxl

『3分クッキング』8月号

ほっとする「なすの和おかず」が満載

いよいよ旬の「なす」を大特集。家庭料理界で「なす魔神」と呼ばれるほどなす好きの大庭英子先生が、とっておきの和おかずを提案。パンチのある炒めものから、しみじみおいしい煮もの、楽しい揚げものまで。夏の疲れた体に優しい、ほっとする味わいが勢ぞろいします。ほか、電子レンジで簡単にできるアイデアおかずも、ぜひお試しください、。 好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「トマトのだし漬け」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「アイスクリン」をお届けします。

※この記事は『3分クッキング8月号』からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP