サラダにマリネ♪「オイルしょうが」のさっぱり前菜レシピ2選

しょうがは、なんと紀元前からインド、中国、ギリシア、ローマなど広い範囲で栽培され、食用、薬用に利用されてきました。

特有の辛み成分はジンゲロンとショウガオールによるもので、殺菌作用、消臭効果があります。また、これらの成分は体を温めるので、冬の風邪予防に昔からしょうが湯、しょうが飴、ジンジャーティーなど、いろいろと身近に利用されてきました。

今回は、管理栄養士で料理研究家の村上祥子さんに、生姜調味料の決定版『オイルしょうが』を使った前菜レシピを教えていただきました。

※オイルしょうがの作り方は最後にご紹介します。

きのこの和風マリネ

1人分77kcal 塩分0.8g

2001p028_01.jpg材料(2人分)

しめじ...1パック
生しいたけ...1袋
えのきたけ...1袋

A
オイルしょうが...大さじ1
みりん...大さじ2
しょうゆ...小さじ1
塩...小さじ1/4

作り方

①しめじは石突きを取って小房に分け、しいたけは石突きを取って1枚を2〜4つに切り、えのきたけは根元を切って細かくほぐす。
②中ぐらいの耐熱ボウルにAを合わせ、①を加えて電子レンジ600Wで4分加熱する。
③すぐに取り出し、ひと混ぜして味をなじませる。

フリルレタスのツナサラダ

1人分44kcal 塩分0.7g

2001p028_02.jpg

材料(2人分)

フリルレタス(なければレタス)...4枚
ツナ(水煮缶)...小1/2缶
黒オリーブ(輪切り)...10個
オイルしょうが...小さじ2
塩、こしょう...各少々
レモン1/4個

作り方

①皿にレタスを手でちぎって敷く。その中央にツナをのせ、オリーブを散らす。
②オイルしょうがをかけ、塩、こしょうをふる。レモンを添え、搾りかけていただく。

しょうがをいつでも便利に♪「オイルしょうがの作り方」

2001p027_01.jpg大さじ1あたり72kcal 塩分0g
常温で約1年間保存できる。冷暗所(光の当たらないところ)に置く。冷蔵庫でもよい。

材料(できあがり250ml瓶2個分)

2001p027_02.jpg

しょうが...200g(正味)
オリーブ油...200ml

作り方

①しょうがはよく洗って水けをふき、汚れているところだけ除いて、皮ごとみじん切りにする。

2001p027_03.jpg

②瓶(ここでは250ml容量の瓶2個)に入れ、ふたはしないで電子レンジ600Wで1分加熱する。

2001p027_04.jpg

③取り出してオリーブ油をひたひたまで入れる。

2001p027_05.jpg

④ラップを丸めて表面にのせ、ふたをする。すぐに使える。

2001p027_06.jpg

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景 デザイン/清水嘉子

体ポカポカ!しょうが調味料決定版!『オイルしょうが』レシピ一覧はこちら

 

<教えてくれた人>

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

管理栄養士、料理研究家。福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。これまでの著書は345冊、計740万部。

■村上祥子さんの「さば缶+魚缶」レシピが一冊に!

shoei.jpg

「村上祥子さんのずっと健康でいたいから さば缶+魚缶大活用おかず」(『毎日が発見』健康ブック Kindle版)

定期誌『毎日が発見』の人気特集が1冊の電子ブックになって登場!第一線で活躍し続ける料理研究家・村上祥子さんが、人気のさば缶を使ったレシピを考案。「さば缶ときのこの甘酢煮」「さばともやしのスープ」「にらさば」「さばピーマン」など、さば缶と身近な野菜・食材だけで、短時間で作れる簡単なメニューが満載です。認知症予防に働くDHA、血液サラサラ効果のEPA、筋肉の合成を促す必須アミノ酸であるロイシンなどが豊富に含まれるさば缶を、管理栄養士でもある村上さんのレシピでぜひ使いこなしてください♪

空飛ぶ料理研究家 村上祥子のホームページ

この記事は『毎日が発見』2020年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP