「できるふりはしない」バレリーナを目指していたオードリーが女優になったきっかけ

世界中から愛され続ける女優、オードリー・ヘップバーン。実は、妖精ともうたわれるその容貌に、コンプレックスを感じていたそうです。銀幕の向こう側で抱えていた葛藤、仕事と家庭の両立、死について、など彼女の言葉がまとめられた『オードリー・ヘップバーンの言葉』(山口路子/大和書房)から、現代の女性たちが共感できるオードリーの名言を連載形式でお届けします。

pixta_57248009_S.jpg

等身大の自分でいる


「与えられたことができるようなふり」をしたことは一度もありません。


『ローマの休日』で有名になる以前、この映画の制作と同じころ、オードリーはブロードウェイミュージカル『ジジ』の主役に抜擢されました。

「彼女こそ私のジジにふさわしい!」とオードリーを主役に推したのは、原作者のコレット、フランスの有名な作家でした。ところが、オードリーはコレットにはじめて会ったときに、こう言いました。

「私にはできそうもありません。演技ができないのですから」

コレットは動じることなく言いました。

「あなたは私のジジよ。バレリーナを目指していた人なら厳しいレッスンに耐えられるはず、できる」

オードリーはこの期待に応え、きついレッスンに耐え抜いて、舞台を大成功に導きました。

オードリーの「できるふりはしない」というスタイル。これに反対の人もいるでしょう。ときには自分を等身大以上に見せることも必要なのだと。

人それぞれですが、オードリーは自分の実力を正直に伝えるやり方を選んだのです。

バレリーナになれなかった女の子


女優の道に進んだのは偶然からでした。私は無名で、自信も経験もなく、痩せっぽちでした。だから全身全霊で努力しました。その点では自分を褒めることができます。


二十五歳、はじめての主演映画『ローマの休日』でアカデミー賞主演女優賞受賞、その三日後に、権威ある演劇賞であるトニー賞を『オンディーヌ』で受賞するという快挙を成し遂げ、一躍スターとなったときのコメントです。オードリーは、もともとはバレリーナになりたかったのです。

母親の勧めもあり、幼いころからバレエを習い、戦後ロンドンに渡って、著名なバレエの指導者に師事しますが、そこで決定的なことを言われます。

「あなたは優秀だけれど、プリマ・バレリーナにはなれない」

その時代の男性と組むには背が高すぎたのです。

二十歳。尊敬する先生からの言葉はショックで、ひどく落ちこむけれど、生活費を稼がなければならないから、くよくよしている暇はありません。ミュージカルや映画のオーディションを受け、端役で出演したり、写真家のモデルなどをして収入を得るなかで、やがてチャンスをつかみ、スターとなったのです。

女優オードリー・ヘップバーンは、女優を目指した女の子が女優になったのではなく、バレリーナになりたかった女の子が夢を閉ざされ、生活費のために探した仕事から誕生しました。未来への扉は思いもよらないところにあったのです。

「美しさ」とは何か?『オードリー・ヘップバーンの言葉』記事リストはこちら!

054-syoei-odrori1.jpg美・愛・仕事・人生・使命の5つをテーマに、大女優オードリー・ヘップバーンが残した人生のヒントがつづられています

 

山口路子(やまぐち・みちこ)

1966年生まれ。作家。「ミューズ」「言葉との出逢い」「絵画と個人的な関係」をテーマに執筆。著書に『美神の恋~画家に愛されたモデルたち』(新人物文庫)、『美男子美術館』(徳間書店)、『軽井沢婦人』(講談社)など。2015年より朗読と音楽のコラボ『語りと歌のコンサート』や『山口路子のミューズサロン』を開催。

shoei.jpg

『オードリー・ヘップバーンの言葉』

(山口路子/大和書房)

永遠の妖精と称され、気品わふれるオードリー・ヘップバーン。時代は変わったとしても、彼女に魅了される人は増え続けています。その秘密は、生き方や考え方からくる内なる美しさ。オードリーの言葉は、あなたの人生を変えるきっかけを与えてくれるはず。

※この記事は『オードリー・ヘップバーンの言葉』(山口路子/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP