好きなだけご飯にかけたい! 切って蒸すだけでできる「里芋と豚肉の皿蒸し」

肌寒くなってくると、いも類や栗、かぼちゃなどがとても魅力的に見えてきます。そんな中でも、里芋のほくほくねっとりとした食感はちょっと特別な感じがしますよね。でも、案外レパートリーが少なく調理方法が偏りがちな食材でもあります。そんな中、ちょっと変わった里芋の使い方をしている料理を発見しました。

『3分クッキング』11月号の特集「旬を楽しむ!秋野菜たっぷりおかず」にある「里芋と豚肉の皿蒸し」。里芋というとなんとなく地味な料理になりがちですが、これは見た目もコロコロしていて可愛い......っ! 里芋はおいしいだけでなく、「ガラクタン」や「グルコマンナン」など芋類の中では珍しい水溶性食物繊維を含んでいます。これによって、整腸作用や食べすぎ防止にも。まさに食欲の秋にぴったりです(笑)。早速、作ってみることにしました。

切って蒸すだけの簡単おかず

「里芋と豚肉の皿蒸し」

里芋と豚肉の皿蒸し_画像.JPG

材料(4人分)
里芋......3個(150g)
豚バラ肉(塊)......200g
小松菜......1/2わ(30g)
たれ
・酒......大さじ1
・しょうゆ......大さじ2
・豆板醤......小さじ1/2
・片栗粉......少々

作り方

1.里芋は包丁で皮をこそげ、5mmの角切り、豚肉も5mmの角切り、小松菜は5mm幅ほどに切る。

ボウルに1、たれの材料を入れて混ぜ、深めの耐熱の器に均等にならして入れる。

深めのフライパンまたは鍋に水1と1/2カップほどを入れ、2を器ごと入れてふたをする。強火にかけ、沸騰したら10分蒸す。

◇◇◇

シンプルな味付けですが、片栗粉を加えているので餡のような状態になり、味がしっかりと絡んでくれます。また、蒸すことで食材自体の味もしっかりと引き出され、味付けに負けることなく程よく主張してきます。豆板醤のピリッとしたアクセントで、よりまとまった味わいに。いろいろな食感が楽しめるのもいいですね。少しにんにくを加えてもおいしかったです。大皿に盛って、それぞれ好きなだけご飯にかけて食べるスタイルもオススメ! お酒との相性もばっちりです。里芋の新たな魅力を発見しました。

調理・文/月乃雫

 
3分クッキング10月号(NTV版)表紙データ_w200px.jpg

『3分クッキング』11月号

れんこん、ごぼう秋野菜たっぷりおかず

大特集は「旬を楽しむ!秋野菜たっぷりおかず」。れんこん、ごぼう、里芋、かぶ。4つの野菜別に、秋の新定番おかずをご提案します。カレーじょうゆ味で食べるれんこんのはさみ焼きや、中華風の揚げごぼう、里芋の肉じゃが風など、肉や魚介と合わせた主菜はもちろん、パパッとできるシンプル副菜も。ごはんがすすむ、秋ならではのおかずをお楽しみください。
第2特集は「ちくわ徹底活用」。良質なたんぱく源としても注目されるちくわが、焼いて、煮て、生で、揚げて…多彩なおかずに大変身します。
好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「油揚げの甘煮」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「濃厚かぼちゃプリン」です。

※この記事は『3分クッキング11月号』からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP