平成が終わる前に振り返りたい!「昭和」を知るおすすめ3冊

平成も残り9カ月。その前に、私たちが生まれた昭和という時代を振り返ってみませんか。昭和を考え、味わう3冊を、日本文化研究の第一人者であり、稀代の読書家として知られる松岡正剛さんに選んでいただきました。

1806p072_01.jpg

 松岡正剛さん

古き良き昭和の泣かせる物語
『夫婦善哉(めおとぜんざい)決定版』
織田作之助 著 新潮文庫 520円+税

昭和のたたずまいも、東京と大阪ではずいぶん違います。そこでおすすめしたいのが、大阪を書かせたらピカイチの織田作之助。『夫婦善哉(めおとぜんざい)』は映画にもなり、甲斐性なしの主人公を森繁久彌、しっかり者の女房を淡島千景(あわしまちかげ)が演じて人気を博したので、ご存じの方も多いはず。法善寺横丁で一銭天婦羅を食べて縁台将棋を指し、金はないけれど、義理人情があった懐かしい昭和が、ここにあります。「かめへん、かめへん」「どや、なんぞ、う、うまいもん食いに行こか」というテンポのいい会話とともに、泣かせる物語を味わっていただきたい。
1807p074_03.jpg 

 

昭和という時代と女性の生き方を知る一冊
『わたしの渡世日記( 上・下)』
高峰秀子 著 文春文庫 各762円+税

昭和の女優の名著といえば、子役でデビューし、小学校もろくに通えなかった高峰秀子が、辞書を引きながら書いたという本書。とにかく抜群に文章がうまい。金目当ての養父母に苦しめられながらも、東海林(しょうじ)太郎や田中絹代など育ての親に助けられ、日本映画の黄金期を駆け抜け、恋愛をして結婚をして映画界を引退するまでの日々がつづられている。本書には昭和の有名人が山ほど登場するが、高峰秀子という人は、そのすべてに"人間"として接し、その人間を嗅ぎ分け、言いたいことをスパッと言った。小気味よく、楽しいエッセイは、生き方の参考書としても必読です。
1807p075_02.jpg 

 

日本を変えたかった真っすぐな男の一冊
『プリンシプルのない日本』
白洲次郎 著 新潮文庫 550円+税

最後のおすすめは、"GHQが最も恐れた男"と称された白洲(しらす)次郎の一冊。サンフランシスコ講和会議で吉田 茂が準備していた英語の演説原稿を、白洲が日本語に書き直させたのは有名な話。彼は、真っすぐな人だった。ゆえに、プリンシプル(原則、主義という意味)のない日本を憂いた。その憂いは、現代にも当てはまる。昭和という時代の宿題の答えは、まだ出せないままなのか。平成が終わる前にもう一度考えてみたい。
1807p075_03.jpg

 

取材・文/丸山佳子 撮影/奥西淳二 


松岡正剛(まつおか・せいごう)

1944年、京都府生まれ。オブジェマガジン『遊(ゆう)』編集長、東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授などを経て、現在、編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。2000年にインターネット上でスタートした本の案内「千夜千冊」は、2018年5月現在で、1676冊を突破している。


 

37ebd8adf802848fdbe6ff1187023e2f562ceca5.jpg
37ebd8adf802848fdbe6ff1187023e2f562ceca5.jpg

最新刊

『千夜千冊エディション デザイン知』

『千夜千冊エディション 本から本へ』

角川ソフィア文庫 各1,280円+税

松岡さんの書評『千夜千冊』から生まれた新シリーズが2冊同時刊行。『デザイン知』では昭和期の数寄屋大工の棟梁・平田雅哉の『大工一代』、映画衣装デザインなどで活躍した石岡瑛子の『I DESIGN(私デザイン)』など36冊を解説。『本から本へ』では道元の『正法眼蔵』、ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』など24冊を論じています。

この記事は『毎日が発見』2018年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP