6/6(木)開催!映画『泣くな赤鬼』試写会に50組100名様をご招待

1905_p019_01.jpg©2019「泣くな赤鬼」製作委員会

重松清さんの短編集『せんせい。』所収の「泣くな赤鬼」が映画化されます。

城南工業野球部監督の小渕隆(堤真一さん)はかつて"赤鬼先生"と呼ばれ、熱血指導で甲子園を目指していましたが、夢かなわず、いまは野球への情熱も衰えてただ日々を生きています。

そんなある日、かつての教え子・斎藤智之〈愛称ゴルゴ〉(柳楽優弥さん)と10年ぶりに病院で再会します。斎藤は野球の素質がありながら堪え性がなく、小渕の期待に応えず挫折し高校を中退してしまった生徒でした。
時を経て家庭を持ち、大人になっていた斎藤。実は、余命半年の命なのだと知らされます。

昔は分かり合えなかった2人は、残された日々をどう過ごしていくのでしょうか。本誌読者の方限定の特別試写会に、どうぞ奮ってご応募ください!

橋口一成(かずなり)プロデューサーによるトークショーも開催!

選手を選ぶ立場の野球部監督、生徒を育てる立場の先生。かつて前者を選択してしまった主人公が、本当に大事なことを死にゆく教え子から気付かされるとき、深い感動が生まれるのではと信じ、この作品を作りました。1905_p019_02.jpg

 


【試写会の概要】

開催日:6/6(木)12:30開場
場所:神楽座(東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル1F)
タイムスケジュール:13:00~ 橋口一成プロデューサーのトークショー
          13:15~ 開映
          15:06  終映

【応募方法】
はがきに、郵便番号、住所、氏名、性別、電話番号(自宅および携帯電話番号)、本誌への感想をお書きの上、以下までご応募ください。
〒102-0071東京都千代田区富士見1- 8-19 角川第3本社ビル 「毎日が発見」編集部「泣くな赤鬼」係

※1名様での参加を希望する際は、その旨を明記ください。
※上映後、アンケートへのご協力をお願いします。
※スケジュールなどが変更になる場合があります。
※応募者多数の場合は抽選です。
※当選された方には5/17(金)発送予定で、試写招待状はがきをお送りします。

問い合わせ:毎日が発見編集部 電話03-3238-5473


【締切】
5月13日(月)必着


 

 

 

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP